TOP > 試合結果 一覧

タップも許さない情け無用の失神チョーク!王者が敗者に「おやすみなさい」のポーズ=海外MMA

2021/06/03(木)UP

タップも許さない情け無用の失神チョーク!@UFC FIGHT PASSより

 5月29日(日本時間)に米国ルイジアナ州モンローで行われたMMAイベント『American Kombat Alliance 15』で、衝撃の失神一本勝ちが起きた。
 メインイベントで行われたバンタム級王座決定戦のコディー・フリーマン(25=米国)とジョナサン・アイランド(米国)の一戦。

▶︎【動画】タップも許さない情け無用の失神チョーク!王者が敗者に「おやすみなさい」のポーズ

 フリーマンは17年にプロデビュー。戦績は6勝3敗で、前戦となる今年2月のフェザー級タイトル戦で王者コリン・ライトを1R一本勝ちで破り、新王者に輝いた。今回、わずか3ヶ月後にバンタム級の王座挑戦と、2階級制覇を目指す。

 対するアイランドはアマチュアMMA9戦後に19年にプロ入り。デビュー4連勝と波に乗っていたが、昨年11月に裸絞め一本で初黒星。再起戦で、王座戴冠のチャンスと意欲を見せる。

 試合は序盤、軽快にローキックを当てる王者フリーマンだったが、自分の蹴りの勢いで足を滑らせ転倒。一時はアイランドにトップを取られるが、下から三角絞めや腕十字などを仕掛けるなど攻め続けると、最後はがぶった状態から後方へ相手を投げてアナコンダチョーク!
 両腕を完全に絡みとら、タップすらもできない状態のアイランドはそのまま失神した。勝利したフリーマンは立ち上がると、両手を合わせ揃えて顔の横に添える“おやすみなさい”のポーズ。

 フリーマンはわずか3ヶ月間でフェザー級、バンタム級の2本のベルトを手にした。

▶︎次ページ(動画)は、タップも許さない情け無用の失神チョーク!王者が敗者に「おやすみなさい」のポーズ

●編集部オススメ

・(動画あり)非情なローキック連打で悲鳴、何度もダウン重ねる激痛のKO劇に「見てるだけでも激痛」「残忍だ」と同情の声=海外MMA

・(動画あり)意識飛ばされパウンド追撃であわや…突如覚醒し大逆転KO勝利=海外MMA

・(動画あり)オランダで危険な超高角度バスターから起死回生のチョーク葬!まるでPRIDE“ヒョードルvsランデルマン戦”=海外MMA

・(動画あり)ポーランド110kg巨漢戦士がローキック“自爆骨折”で担架、激痛映像に「今まで見た中で最悪の怪我だ」と悲鳴=海外キック

・(動画あり)衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧