TOP > 試合結果 一覧

【フィットネス】2人の女医がビキニとフィジークで堂々の初優勝=マッスルゲート東京

2021/06/04(金)UP

優勝した二人の女医。左は女子フィジークで優勝した永井真知子、右はビキニ35歳未満163㎝以下級で優勝した渡辺京(C)IRONMAN

 5月30日(日)に銀座ブロッサムにて、筋肉コンテストの登竜門『マッスルゲート東京』が開催された。
 12月開催の『ゴールドジム ジャパンカップ』の出場権を目指し、男女フィジーク、男子ボディビル、女子ビキニなど12部門でエントリーした337名による熱い戦いが繰り広げられ、女子ビキニと女子フィジークでは、何とそれぞれ女医が初優勝した。

【フォト】この二人の女医のビキニ&フィジークの写真ギャラリー(全9枚)

 女子ビキニでは、2021年マッスルゲート新人戦でデビューした獣医師・渡辺京が今回は一般のビキニ35歳未満163㎝以下級に出場し、堂々のステージングで初優勝。まだトレーニング2年半という彼女。このコンテスト前には雑誌『アイアンマン』にて「今年はコンテストデビューの年であり、勝負の年として”勝負に勝つ。自分に勝つ”をテーマに突き進みたいと語っていたように堂々の優勝となった。

ビキニ優勝の渡辺京

 また女子フィジークでは美容皮膚科の医師、永井真知子が初優勝した。デビュー戦は2019年の東京オープン選手権で、結果は2位。同年に東京選手権に出場するも、ここでは惜しくも予選落ち。今回のマッスルゲート東京が3戦目となり、表彰台の真ん中に立つのはこれが初めてとなる。

 鍛えられた美しい筋肉を競う女子フィジークでは、医学的知識も生かせたのではないだろうか。

女子フィジーク優勝の永井

 永井は「それは実際によく聞かれることでもあるのですが、トレーニングに必要な知識と治療に必要な知識は違いました。トレーニングをするようになってから、(身体作りに必要な)生理学とか解剖学とか栄養学とかを改めて勉強し直した感じです」
 ゴールドジムに入会し、そこで初めて「女子フィジーク」という競技を知った永井。まずは2018年にビキニ系の様々な大会に出場し、2019年からフィジークにチャレンジし今回の初優勝につながった。

 今後、四国、東海、北陸、九州、札幌など、各ブロック大会が開催され、上位入賞者が12月5日、銀座ブロッサムで開催の『ゴールドジム ジャパンカップ』に集う。果たしてどのような猛者たちが集まるのか。
 協力:ゴールドジム 取材&写真:アイアンマン編集部

▶︎次のページは【フォト】この二人の女医のビキニ&フィジークの写真ギャラリー(全9枚)

●編集部オススメ

・【写真ギャラリー】この二人の女医のビキニ&フィジーク写真(全9枚)

・男女の筋肉美! 全結果と写真 5.30マッスルゲート東京 =FITNESS LOVE

・ビキニ界の超新星、22歳・河野と女子大生の柿が同点で熾烈な争いに

・筋肉アイドル才木玲佳、美ボディコンテスト初出場で優勝、全国大会進出

・元ラウンドガールの黒咲さんが一転、筋肉系ビキニコンテストで大活躍の理由とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧