TOP > 試合結果 一覧

【KNOCK OUT】王者・白幡裕星が”蹴り封印宣言”の元ボクシング日本王者・悠斗に蹴り技で差をつけ勝利、森岡悠樹は鈴木貫太をヒジで切り裂き接戦を制する

2021/06/12(土)UP

白幡が元ボクシング日本王者・悠斗に完封勝利

株式会社 Def Fellow KNOCK OUTプロモーション
『 KNOCK OUT-EX vol.2』
2021年6月12日(土)東京・新宿FACE

▼メインイベント(第7試合) KNOCK OUT-RED 53kg契約 3分3R・延長1R
○白幡裕星(橋本道場)
判定3-0 ※30-28、30-27、30-29
●悠斗(東京町田金子ジム)

白幡は左ミドルで悠斗の前進を押し戻す

 白幡はジュニア時代からキックやムエタイで結果を出してきた新鋭。昨年12月のムエタイオープンでスーパーフライ級王者決定戦に勝利して戴冠し、今年2月のREBELS最終大会でのREBELS-REDスーパーフライ級タイトルマッチで王者・老沼隆斗に判定勝利を収め、王座を奪取。3月1日付けでKNOCK OUT-REDスーパーフライ級王者に認定された。

 対する悠斗は、プロボクシングの第42代日本ライトフライ級王者。ボクシングでは2019年10月に王座に輝き、昨年4月にボクシング引退を表明した。ボクシングの前はキックボクシングの経歴を持ち、国士舘大学に在学中の2011年、全日本学生キックボクシング連盟のフライ級チャンピオンに輝いており、プロ入り後は、ニュージャパンキックボクシング連盟を戦場に、同級上位ランカーとして活躍していた。今回の試合では蹴りを使わない宣言でキックの舞台にカムバックした。

元ボシング日本王者・悠斗が鋭いパンチで攻める

 1R、広いスタンスを取る悠斗にサウスポーの白幡は強い左ロー。白幡の左の蹴りに悠斗はカウンターで左フックを合わせる。宣言通り蹴りを使わない悠斗は白幡の蹴りへ左右のフックでカウンター狙い。近距離で悠斗の大きな右フックが白幡のテンプルを捉える。

 2R、白幡は体を上下に揺らすフェイントから左インロー、ミドルを打ち分ける。悠斗は左フック、右ストレートをカウンターで合わせるが、白幡は悠斗のパンチに合わせ組み距離を潰す。白幡は右ジャブ、左ミドルから組んでヒザを突き上げ、悠斗のパンチの距離にさせない。

 3R、悠斗の入り際に白幡が左テンカオ。組んでヒザを突き上げ、ロープ際に押し込み右ヒジを叩きつける。徹底した白幡の左の蹴り攻勢に、悠斗は焦りがでたか、大ぶりになった右フックに白幡が左ミドル、前蹴りを合わせる。終盤には白幡も鋭いワンツーをヒット。悠斗もパンチで応戦し、ロープ際でパンチの交換を見せる中、終了のゴングを迎えた。

 判定はジャッジ3者とも白幡の勝利を支持。王者として初メインの白幡が難敵・悠斗を下し、チャンピオンとしての威厳を見せつけた。

▶次ページは森岡悠樹vs鈴木貫太

●編集部オススメ

・元プロボクシング日本王者・悠斗、若き王者・白幡裕星に「”ボクシングキック”で倒す気満々」

・【テレビ 配信】6.13「RIZIN 東京ドーム大会」のTV放送・ネット配信・生中継情報

・入院中のアントニオ猪木が快方へ「これまで本当に苦しかった」カムバック目指す

・ぱんちゃん璃奈が計量動画を公開”当日に2.8kgの水抜き、筋肉女子、これまで最高の作品”

・流血で痛恨の5連敗、次戦が引退の45歳キックボクサー松﨑公則が緊急手術、うつ病克服と新たな仕事へ挑戦と不安を語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧