TOP > 試合結果 一覧

【NKB】北川”ハチマキ”和裕が引退試合、王者・蛇鬼将矢を完封し有終の美!老沼隆斗は復帰戦勝利

2021/06/20(日)UP

老沼(右)が後ろ回し蹴りを放つ

▼第8試合 53.25kg契約 3分3R
◯老沼隆斗(STRUGGLE/元REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者)
判定2-0 ※30-29、29-29、30-28
●海老原竜二(神武館/NKBバンタム級4位)

 老沼は空手をベースとし、ハイキック・後ろ回し蹴りなど華麗ながら威力ある蹴りを得意とする。18年6月にREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王座決定リーグ戦を制し戴冠。

 昨年9月のKNOCK OUTでは清志を上段後ろ回し蹴りで一撃KO。衝撃的なKO劇を見せ、年間表彰においてベストKO賞を獲得する活躍を見せた。今年2月に行われた『REBELS ~The FINAL~』では、かつて一度勝利した白幡裕星を挑戦者に防衛戦へ臨んだが、白幡の左ボディにペースを握られ判定負け。今回仕切り直しの再起戦に望む。

 対する海老原はNKBのリングで熱戦を繰り広げるファイター。ジャパンキック、イノベーションと精力的に他団体へのリングに上がり、各地で激闘を繰り広げている。直近では昨年12月、今年2月と連勝を飾り、勢いをつけたまま老沼との一戦に挑む。

 1R、海老原がサウスポーで左右のロー、左ミドルを蹴る。老沼はステップを踏みながら、右ミドル、ハイを蹴り込む。前蹴り、後ろ回し蹴りを見せる老沼。海老原は左ストレートをヒットさせた。

 2R、両者ともロー、ミドルの蹴り合いで会場を沸かせる。海老原は右のボディフックから左ストレートを放つ。老沼はボディと顔面右の前蹴りをヒットさせる。

 3R、前に出るのは海老原で、左右のフックや左ローと積極的に攻撃を出していく。老沼も強烈な右ロー、ミドルで応戦。海老原の前進に老沼が右のバックブローをヒット。海老原も左ストレートで前に出る。パンチのラッシュを仕掛ける海老原に、老沼が後ろ回し蹴り、前蹴りやカウンターの右ストレートで迎え撃つ。最後は、コーナーで両者のパンチが交錯し終了のゴングが鳴った。老沼が判定で勝利して復帰戦を勝利で飾った。

●編集部オススメ

・【NKB】メインは北川“ハチマキ”和裕の引退試合、元REBELS王者・老沼隆斗が参戦=6.19後楽園

・オタク少年だった北川”ハチマキ”が、REBELSで戦い続けた理由「ヒジありは弱者も戦える」

・【NKB】渡部翔太が笹谷淳にメインを勝利で飾る、郷野聡寛が1Rに衝撃KO負け

・【ボクシング】井上尚弥がバキバキの筋肉で計量パス「仕上がり100%」のマッスルポーズ

・【RISE】山田洸誓が北野克樹にリベンジでV2、紅絹は小林愛三との白熱エキシで引退

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧