TOP > 試合結果 一覧

【UFC】“コリアン・ゾンビ”チャンソンが再起戦で勝利、前回”22秒KO”イゲの猛打封じ込める

2021/06/21(月)UP

“コリアン・ゾンビ”チャンソンが再起戦で勝利(©Getty Images/UFC)

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス29』
2021年6月20日(日・日本時間)米ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

▼フェザー級マッチ
○ジョン・チャンソン(韓国)
判定3-0 ※48-47, 49-46×2
●ダン・イゲ(米国)

登り調子のイゲがチャンソンにパンチを当てる(©Getty Images/UFC)

 ジョン・チャンソン(34=韓国)はパンチ力と打たれ強さを持ち味に、“ザ・コリアン・ゾンビ”の異名で知られる選手。13年8月には代役ではあったが、UFCフェザー級タイトルマッチを経験している。
 前戦となる昨年10月にブライアン・オルテガに判定負けし、連勝を止められた。MMA戦績は16勝6敗で現在ランキング4位。

 対するダン・イゲ(29=米国)は同級8位の強豪。前戦となる今年3月のギャビン・タッカー戦で衝撃の22秒KO勝利を飾るなど、上り調子のランカーで油断ならない相手だ。

強烈なヒジをイゲの顔面に落とすチャンソン(左)(©Getty Images/UFC)

 1Rから打撃の交換の中、チャンソンがダブルレッグでテイクダウンに成功バックからチョークを狙うも決まらず。2R、開始早々、チャンソンの強烈な右フックがヒットし、イゲがヒザをつくがすぐに立ち上がる。距離が縮まるとカーフキックでイゲの足を止めるチャンソン。イゲがタックルに入るが、チャンソンがうまくディフェンスする。イゲが2度目のタックルでチャンソンが体を入れ替え、逆にバックポジションを奪取。残り30秒、チャンソンが4の字ロックからバックからパウンドを落とす。チャンソンの左目尻がカットし流血。

チャンソンが再起戦で勝利した(©Getty Images/UFC)

 3R、チャンソンがタックルからテイクダウンに成功。下のイゲがチャンソンのカットした傷口を狙うヒジ打ち。トップのチャンソンがパウンドを落とす。バックを取るチャンソン。ケージ中央でリアネイキッドチョークを仕掛ける。苦しそうな表情を見せたイゲだが、タップしない。チャンソンの寝技地獄に防戦一方のイゲ、しかしチャンソンは極めきれない。

4R、チャンソンが優勢の中、イゲがスタンドの打撃で活路を見出そうとするが、チャンソンのテイクダウンを嫌い、なかなか前進できない。終盤、イゲの右ミドルをキャッチしてチャンソンがテイクダウン成功。チャンソンが印象良い形でラウンドを終える。

 5R、パンチの交差、イゲの左フックがチャンソンの顔面をとらえる。少しぐらついたチャンソンがすぐにタックルを仕掛ける。ここにきてピンチのチャンソンだが、イゲも疲労困憊の様子で強く前に出れない。
 イゲのタックルを切ったチャンソンがバックを奪取。4の字ロックからパウンドを落とし、首を狙いに行くチャンソン。イゲは凌ぐのが精一杯でなす術なしで、タイムアップ。

 結局、チャンソンが判定3-0で再起戦を勝利した。

●編集部オススメ

・【UFC】再起戦に挑む“コリアン・ゾンビ”チャンソンが余裕の笑みで計量パス、メインで秒殺KOのイゲと激突=6.20

・【UFC】“コリアン・ゾンビ”チャンソンが再起戦!史上初のツイスター勝利、衝撃の7秒殺KOなど壮絶フィニッシュ映像が公開=6.20

・[その日の試合]村田夏南子が無念のドクターストップ負けで号泣、ブラジル柔術黒帯のアームバーで腕を負傷

・UFC驚異の新人マッキニー、初戦でいきなりライト級史上最短の7秒殺KO!4戦連続の秒殺KO記録も

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧