TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】菊入正行が元王者・三浦広光をTKO撃破で王座挑戦アピール、100kg超級の柔術強豪・渕上幹斗が鮮烈TKOデビュー

2021/06/27(日)UP

松岡が右ストレート一撃で粕谷を粉砕

▼セミファイナル(第9試合) ライト級 5分3R
○松岡嵩志(パンクラスイズム横浜)
TKO 1R22秒 ※右ストレート
●粕谷優介(総合格闘技道場CROWN)

松岡が右のローでけん制した直後にKOシーンは起きた

 松岡は戦績10勝7敗のライト級の実力者。19年は2連勝で波に乗っていたが、昨年は新型コロナウィルス感染拡大の影響により、予定されていた試合がキャンセルとなっていた。19年11月以来、1年7ヶ月ぶりの試合となる。

 対する粕谷は10勝6敗2分とこちらもライト級の猛者。15年9月と16年11月のUFC挑戦後、17年8月よりパンクラスへ参戦。フェザー級では2連敗しライト級に転向すると、19年4月には約1年4か月ぶりの試合に臨み、菊入正行を1Rで撃破した。同年9月のライト級暫定キング・オブ・パンクラス タイトルマッチで、サドゥロエフ・ソリホン(タジキスタン)にTKO負けしたが、その実力に陰りはない。

快勝の松岡はベルト挑戦に向け「それなりの相手を用意してほしい」と直訴した

 1R、左ミドルを伸ばす粕谷へ松岡は右のカーフキックで牽制。粕谷が前進したタイミングに、松岡がカウンターの右ストレート一閃。直撃された粕谷がマットに倒れ込み、パウンドで追撃する松岡をレフェリーが制止しTKO勝利を宣告した。

 試合を振り返った松岡は「寝技も打撃も強い選手だったので、最初の距離だけ(意識した)。強引に詰めてきたのでチャンスでした」とフィニッシュの右ストレートにつながった展開を解説。次の目標を「あとはベルトだけ。あと上には何人かしかいないと思うので、次にそれなりの相手を用意して欲しい」と上位ランカーとの対戦を要求した。


山北が尾崎から一本勝ち、アマからの連勝を15に伸ばす

▼第8試合 ストロー級 5分3R
●尾崎龍紀(総合格闘技道場コブラ会)
一本 1R4分54秒 ※腕ひしぎ十字固め
〇山北渓人(リバーサルジム新宿Me,We)

開始早々、尾崎の右フックで山北は腰が落ちるピンチに

 尾崎は、19年のネオブラッド・トーナメントのストロー級優勝者。6連勝の後、昨年12月に元ZST王者で同級2位の八田亮に一本負けをし、今回が再起戦となる。MMA戦績は9勝7敗。

 対する山北は20年ネオブラッド・トーナメントのストロー級優勝者。パンクラスで3戦3勝を飾ると、今年2月に行われた「Road to ONE」に参戦し、修斗世界ランク8位の安芸柊斗に2回TKO勝利を収めた。現在、アマチュア時代から含めると無敗の14連勝中だ。

連勝記録を伸ばした山北は対戦要望を受けている野田遼介との対戦を呼び掛けた

 1R、入り際に尾崎の右フックを受けた山北がヒザをつくが、接近した尾崎を捕まえ尾崎のバックをとる。ケージに押しつけバックをとり、回る尾崎からトップをキープ。尾崎の腕をとり伸ばしきり、ラウンド終了6秒前に一本を奪い取った。

 連勝記録を伸ばした山北はマイクを握ると「次の試合、ALLIANCE所属でランキング3位の野田君、やりたいと言ってくれているのでやらせて下さい」と、5月大会で快勝を見せた野田遼介(ALLIANCE)との対戦を直訴した。

▶次ページは佐藤光留vs渕上幹斗の無差別級戦、EDGEvs華蓮DATEの女子マッチ

●編集部オススメ

・元ウェルター級王者・三浦広光が計量パス、1年半ぶり復帰戦も「結果的にKOになる」

・3年ぶり復帰戦のEDGE「ケンカなら負けない」、3連勝に挑む華蓮DATE「打撃でも寝技でも圧倒する」と共に計量パス

・佐藤光留、明日はプロレスからの連戦に「どうなるかわかりません」と計量パス、柔術100kg超の強豪と対戦=前日計量

・“無敗の新星”山北渓人が凱旋参戦、尾崎龍紀とのネオブラ優勝者対決に「まだまだ連勝伸ばさせてもらいます」=6.27

・菊入正行vs三浦広光、松岡嵩志vs粕谷優介など『PANCRASE 322』生中継・配信情報=6.27

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧