TOP > 試合結果 一覧

【BOM】朝陽・PKセンチャイジムが2度のダウン奪う完勝!伊藤紗弥はMIREYを撃破、健太はカット奪われ判定負け

2021/07/05(月)UP

朝陽(右)が強烈な右のパンチをヒットさせる

BOMプロモーション
『BOM ~ The Battle Of MuayThai 〜BOM WAVE05- Get Over The COVID-19 –』

2021年7月4日(日)神奈川・横浜大さん橋ホール

朝陽の蹴りの破壊力は一級品だ

▼メインイベント(第12試合)オープンフィンガーグローブムエタイ56.70kg契約 3分3R(延長なし)(肘あり)
◯朝陽・PKセンチャイジム(P.K.SAENCHAI MUAYTHAI GYM)
判定3-0 ※30-25×2、30-24
●高橋茂章(KIX)

 朝陽はWBCムエタイ世界スーパーバンタム級、ムエサイアム・イサーンバンタム級、ルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級、MA日本フライ級など複数のベルトを獲得している日本のムエタイ界、期待のファイター。前戦は今年の4月にポンチャン・Brave Gymに判定勝利を飾っている。

 対する高橋はレベルス、BOM、ジャパンキック、Bigbangといった国内主要団体で戦績を重ねてきたファイターだ。19年にはスックワンキントーンの王座獲得のチャンスを得たが、44ユウ・リバイバルに判定負けしてタイトル奪取はならなかった。

 1R、ONEのオープンフィンガーグローブ着用の両者。左ローで先制した朝陽。高橋は距離を詰めて右ロー。朝陽は回り込むようにリングを使い、右ハイキックを放つ。さらに、右アッパーをヒットさせた朝陽は右ミドルからの右ストレートで最初のダウンを奪う。

 2R、軽快な動きを見せる朝陽は、高橋の前進に右フックを合わせて、2度目のダウンを奪う。右ローや前蹴りをテンポ良く蹴り込む朝陽。高橋もフックで負けじと前に出ていくが、終盤に朝陽の右フックでグラつく。このラウンドまでは朝陽がリード。

 3R、高橋はパンチで前に出ていくが、朝陽は落ち着いて右ロー、ミドル、前蹴りで攻め込ませない。後がない高橋は近距離で強引にフックを見舞うが、朝陽は冷静に組み付いて、攻撃をいなし続ける。朝陽が序盤から高橋を圧倒して、大差の判定勝利を収めた。

●編集部オススメ

・【BOM】ONEと業務提携、7.4朝陽vs高橋など3試合でONEムエタイルール採用

・【BOM】天馬vsジュライ・ウォーワンチャイによるWMC王座決定戦、松本龍斗vs川原龍弥の王者対決が決定

・【BOM】ムエタイ3冠王の伊藤紗弥、再起戦のMIREYと“オープンフィンガーマッチ”で激突

・【フィットネス】2人の女医がビキニとフィジークで堂々の初優勝=マッスルゲート東京

・【RIZIN】皇治が“マットに手をつく”ダウンシーン、ヤマニハと倉本の大激闘など、燃え上がった大阪大会“超特等席”映像公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧