TOP > 試合結果 一覧

【ROAD FC】元ヤクザのキム・ジェフン、鉄槌の連打で刻みTKO!初勝利に大号泣

2021/07/05(月)UP

元ヤクザのキム・ジェフンがTKOで初勝利を果たした(C)ROAD FC Facebook

 7月3日(土)、韓国・昌原室内体育館にて『ROAD FC 058』が開催、ROAD FCのナンバーシリーズは19年12月ぶり、コロナ禍後の初開催となった。
 メインはRoad FCミドル級王座決定戦のファン・インス(韓国)vsオ・イルハク(韓国)で行われたが、そのアンダーカードに異色の選手が登場。
 元日本の指定暴力団組織の構成員で”ヤクザ”の異名のキム・ジェフン(31=韓国)だ。
 プロ4連敗のジェフンは、今回プロデビューの韓国のアクション俳優クム・ガンサン(韓国)と対戦し初勝利を狙う。

【動画】ジェフンのKOの瞬間、前日の互いに突き飛ばした乱闘寸前のシーン

 前日のフェイスオフでは互いに突き飛ばし、乱闘寸前の2人だったが、試合序盤は慎重な展開に。
 互いに距離をとり、クムはインローを放って様子を伺う。足が流れるジェフン、するとジェフンは突如クムにパンチで突っ込み、ケージに押し付けると脇を刺して投げ、ジェフンの胴に投げられまいとしがみ付くクンの側頭部に上から鉄槌の連打、打たれ続ける展開にレフェリーが試合を止めた。1R 2分06秒、TKO勝利となった。

勝って大号泣するジェフン=ROAD FC Facebookより

 勝ったジェフンは両手を挙げると、突然マットに伏して初勝利の嬉しさのあまり声を出して大号泣、50秒近くその状態が続き、起き上がるとようやく勝ち名乗りを上げ、笑顔でラウンドガールと共に記念撮影に収まっていた。

 ジェフンは2014年にプロテストを受け合格。ヤクザを辞め格闘家に転身し14年のプロデビュー後、3試合とも1R TKO負け。前戦は”カンフーパンダ”の異名をとる中国の巨漢戦士アオルコロとの再戦で3Rまで善戦するもTKO負けを喫した。今回の初勝利でここまで支えてくれたファンや陣営に深々と頭を下げた。

▶︎次のページは【動画】ジェフンのKOの瞬間、前日の互いに突き飛ばした乱闘寸前のシーン

【この大会のその他 試合】衝撃の秒殺KO!カウンター一撃で相手は完全失神

●編集部オススメ

・【この大会の試合】UFC戦士キム・ドンヒョン弟子が“76秒殺”KO!戦慄の一撃で相手は完全失神

・【ROAD FC】ボブ・サップ、中国のヘビー級”カンフーパンダ”に秒殺負け

・朝倉未来の1分大会でシバターがギロチンチョークで”秒殺失神”一本勝ち【Breaking Down 結果速報】

・アントニオ猪木、演説終え、久々の「バカヤロー!」が炸裂

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧