TOP > 試合結果 一覧

【五輪柔道】阿部一二三、詩が金メダル、兄妹同時は五輪柔道史上初=試合結果

2021/07/25(日)UP

阿部一二三(左)と阿部詩(右)が兄妹で金メダルを獲得した

 25日(日)、東京オリンピック男子66kg級決勝で阿部一二三(23=パーク24)が、女子52kg級では阿部詩(21=日体大)が優勝し、兄妹ともに五輪初出場にして、五輪柔道史上初の兄妹同時金メダルとなった。また、女子52kg級では日本歴代初の金メダルとなった。

【動画】決勝で阿部一二三が大外で技あり、詩は一本勝ちで優勝する瞬間

 詩の決勝の相手はアマンディーヌ・ブシャール(26=フランス)。19年のグランドスラム・大阪では決勝で詩を肩車の技ありで破って優勝している。20年2月のグランドスラム・デュッセルドルフでは決勝で詩に反則負けしているが、果たして今回はどのような結果となるのか。

 序盤から積極的に攻めるのはブシャール。ブシャールが奥襟をとり有利な組みの展開から腕十字や得意の肩車を仕掛けてくるが詩はしっかりかわす。詩は袖釣り込み腰などを仕掛けるなど競り合う。互いにポイントなく延長に入ると、寝技の攻防も互角だったが、ブシャールが肩車を仕掛けてきたところをかわし、上からつぶし抑え込み一本勝ちで決めた。
「東京オリンピックがあるかどうかわからない状況だったんですが、このように開催していただいて、私が金メダルを獲ることができた。(決勝の相手は)ライバルであり尊敬する選手なので、最後の相手にふさわしいなと思いながら最後、勝てて良かったです。私が52kg級で今回は絶対金メダル獲ってやろうという気持ちで臨みました」と語った。

 また、兄の一二三の相手はバジャ・マルグベラシビリ(ジョージア)。17年の世界柔道選手権で3位、今年のヨーロッパ選手権で準優勝している。
 序盤からケンカ四つからパワーで一二三を引き込もうとする。警戒する一二三だったが、相手の左袖をつかむと、袖吊り込みのフォームから大外刈りで技ありを奪う。以降も背負い投げで攻めるがポイントにならず。後半にマルグベラシビリの引き込み返しでヒヤリとさせられたが、互いに最後まで攻め続けタイムアップ、一二三が金メダルを獲得した。

 史上初の兄妹同時金メダルという快挙を成し遂げ、阿部兄妹にとっては大きな一日となったことについて一二三は「歴史に名を刻めたというか、歴史を塗り替えられたのかなと思います」と喜び、妹・詩の存在については「気にはなっていたんですけど喋ったりはなくて、でも決勝戦の前は一言だけ、頑張って」と言葉をかけると「うん、と頷いていました」と明かした。偉業を達成した兄妹、更なる活躍が続きそうだ。

▶︎次のページは【動画】決勝で阿部一二三が大外で技あり、詩は一本勝ちで優勝する瞬間

●編集部オススメ

・【五輪柔道】阿部一二三が背負投げで豪快一本勝ち、兄妹で決勝戦進出

・【テレビ】柔道 『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜7.31(東京五輪柔道)

・【五輪柔道】阿部詩が決勝進出、決勝の相手は詩の連勝をストップした3連続秒殺一本勝ちのブシャールに

・【五輪柔道】阿部一二三と詩が準決勝進出、技ありと豪快な一本を重ね兄妹金メダルへ勝ち進む

・柔道で五輪目指したMMAファイター渡辺華奈、応援する五輪柔道選手は? 見どころ語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」、「」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧