TOP > 試合結果 一覧

【スックワンキントーン】カイトがポンちゃんをヒジで切り裂き2連勝、ベテラン水野志保がKOKOZをヒザで攻略し判定勝利

2021/07/29(木)UP

カイトがポンちゃんヒジで切り裂きTKO勝利

ノーナクシン東京
『スックワンキントーン』
2021年7月29日(木)東京・新宿FACE

▼第8試合メインイベント 56kg契約 3分3R
○カイト・ウォーワンチャイ(キングムエ)
TKO 2R2分14秒 ※右縦ヒジ→ドクターストップ
●ポンちゃんシリラックムエタイジム(タイ)

ポンちゃんは至近距離でヒジを見せる

 カイトはムエタイの本場・タイのリングで活躍を続ける一流ファイター。19年9月には当時ルンピニースタジアム認定スーパーフライ級王者のルンナライ・ギャットムー9を3R KOで下し激震を走らせた。今年4月のBOMで、共にムエタイ修行をした後輩でもある大﨑孔稀の多彩な攻撃に翻弄され判定負け。再起戦となった前回6月には、前WPMF世界スーパーフライ級王者・片島聡志との技術戦を制し再起を飾った。

 対するポンちゃんはタイ北部で王者となり、ルンピニースタジアムではトップランカーとして活躍し、戦績は150戦を超える。今年4月にはBOMのリングで朝陽・PKセンチャイジムと対戦。強打で鳴らすムエマッド・朝陽に対しパンチで応戦。5Rを戦い抜き判定負けを喫したものの、ヒジで朝陽からカットを奪う大健闘を見せた。

カイトは前回大会に続き連続勝利

 1R、開始早々カイトが左右のローを細かく刻む。サウスポーのポンちゃんはノーモーションの左ストレートを軽く当てると、カイトは大きく踏み込んで左フックをヒットさせる。ポンちゃんが左ストレートを伸ばせば、カイトは右ミドルで応戦。カイトがジリジリと圧力を強めはじめる。

 2R、圧力を強めるカイトが左前蹴りから右テンカオ、右ヒジで接近し、至近距離で左ヒジを横に振るう。カイトが左ジャブから右ミドルで前進するとポンちゃんは左の蹴りをミドル、ローと上下に散らす。圧力をさらに強めるカイトは、赤コーナーに詰めヒジの連打。ニュートラルコーナーに逃げるポンちゃんにさらに右縦ヒジをヒットさせると、ポンちゃんが左眉上をカット。流血が大きいとみたドクターが試合をストップ。カイトがヒジでTKO勝利を収めた。

▶次ページはKOKOZ vs 水野志保

●編集部オススメ

・カイト・ウォーワンチャイが2大会連続のメイン出場、ムエタイ強豪ぽんちゃんと対戦

・ぱんちゃん璃奈の戦闘能力は53万!いったいこの顔は!? これが美しさの秘訣か

・【RISE】工藤政英が竹内将生を3度倒し逆転KOで初防衛に成功、”那須川天心のライバル”南原健太がKOデビュー発進

・【ボクシング】天心も挑発した新星ライアン・ガルシア、うつ病回復し暫定王座の奪還戦へ

・【ビッグバン】FUMIYA、かつてバックハンドでKOした山際和希にまたも「バックハンドで倒す」=8.29

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧