TOP > 試合結果 一覧

【RISE】工藤政英が竹内将生を3度倒し逆転KOで初防衛に成功、”那須川天心のライバル”南原健太がKOデビュー発進

2021/07/28(水)UP

工藤がダウン応酬の激戦を制し初防衛に成功

RISEクリエーション株式会社
『RISE151』
2021年7月28日(水)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第8試合) RISEフェザー級(-57.5kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
○工藤政英(王者/新宿レフティージム)
TKO 1R1分48秒※スリーノックダウン
●竹内将生(挑戦者/エイワスポーツジム/同級1位、Bigbangフェザー級王者)
※工藤が初防衛に成功

工藤は得意の右ローで組み立て始めるも、竹内が序盤から襲い掛かる

 工藤は強烈なボディブローとローキックを武器に、粘り強い戦いを得意とする選手で、18年6月に森本“狂犬”義久との激闘を制して第3代RISEフェザー級の王座を獲得。同年よりONE Championshipに参戦するも、シントンノーイやペッダム、パンパヤックといった一線級のムエタイ戦士の前に苦戦が続いたが、今年1月のRISEで大田拓真、4月のRISEでは田渕神太と、他団体王者を相手に2連勝中だ。

 その工藤に挑戦する竹内は、Bigbang、MA日本キック、J-NETWORK、WMC日本王座を獲得した国内四冠王。パンチやキック、ヒジ、ヒザをバランスよく使いこなし、倒しきる力を持つ。今年1月に当時無敗の門口佳佑にムエタイテクニックで競り勝ち、タイトルマッチへの切符を手に入れた。

この工藤の右フックで竹内が2度目のダウン

 1R、竹内がいきなりの右フック。工藤が速い左ジャブから右ローで牽制するも、竹内が右ストレートで先制のダウンを奪う。立ち上がった工藤へ竹内が組んでヒザ連打を打ち込んでしまい警告。至近距離でヒザを突き上げる竹内へ工藤が右フックでダウンを奪い返す。立ち上がった竹内は左右フック連打で前進も、工藤が右のカウンターで2度目のダウンを奪取。さらに立つ竹内が下がりながら放つ右フックへ工藤が右フックを合わせ3度目のダウン。工藤がダウンを撥ねのけ3度のダウンを奪い返す快勝で初防衛に成功した。

 ベルトを腰に巻いた工藤は「チャンピオンになってから3年、防衛戦をしていないのに長期政権を築いてしまいましたが、初防衛を果たせました。初防衛を目標にがんばってきたので、次にやりたい選手は決まってません。また相談して決めたいと思います」と防衛を果たした安堵感を感じさせるコメントを残した。

▶次ページはセミファイナル良星vs知花デビット

●編集部オススメ

・3年越し初防衛戦迎える工藤政英「死ぬ気で防衛する」エイワ勢のトリを務める竹内将生「エイワの風を吹かせる」=前日計量

・那須川天心に“夢”をもらった南原健太「どつき合いで盛り上げたい」目指すは極真の先輩・清水賢吾超え

・元ラジャダムナン王者・竜哉の相手が数島大陸に変更、薩摩3373負傷欠場により=7.28後楽園

・準決勝は親友対決、風音と政所仁は「全力でぶっ倒す」(風音)「ボコボコに」(政所)

・志朗、準決勝戦で当たる大﨑一貴に「彼とは戦う運命、ずっと戦いたかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧