TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】女王未奈がKINGレイナとの接戦制す、MISAKIはダウン奪い判定勝利

2021/07/29(木)UP

レイナ(右)とバチバチの打ち合いを繰り広げた未奈(左)

シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING Girls S-cup2021 -road to tournament-』
2021年7月29日(木)東京・浅草花やしき・浅草花劇場

▼第5試合 65.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇未奈(秀晃道場/SB日本女子ライト級王者)
判定3‐0 ※29‐28、30‐29、30‐29
●KINGレイナ(フリー)

 SB女子重量級のエース・未奈はこれまで杉山しずか、藤野恵実など国内MMAトップファイターとSBルールで戦い勝利。昨年11月のSB日本女子ライト級初代王者決定戦でホーストカップ王者・溝口孝湖に打撃、そして投げで5つのシュートポイントを獲得し悲願のSBベルトを巻いた。今回は王者としての初戦を迎える。

 対するレイナは柔道をバックボーンに、2016年にプロデビュー。一本勝ちやTKO勝利を連発し、ビッグマウスも相まって人気選手に。『RIZIN』や『DEEP JEWELS』で勝ちを重ねてきた。最近は打撃を強化している。

 前戦のDEEPではパンクラスバンタム級1位の東陽子を相手に流血の打撃戦を演じたが、3-0で判定負けを喫し今回が再起戦。なお、SBには2018年8月のGirls S-cupに参戦し、韓国のキム・ヨンギと打撃戦を演じ判定勝ちを収めている。

 1R、ゴングと同時にいきなり仕掛けた未奈はパンチ連打。レイナは被弾しながらも組み付いて投げ技にトライ。レイナの右ローを涼しい表情で交わしては何度も右ストレートを当てていき、優勢を印象付ける。終盤には右ハイも当てて、このラウンドはジャッジ三者とも未奈を支持。

 2R、未奈の距離を潰して積極的に組み付くレイナは投げを狙う。シュートポイントにはならないが、レイナが強引に首投げ、体落としを仕掛けて未奈を倒す場面が増え、未奈はスタミナの消耗が激しく動きは落ちてきた。このラウンドはドロー。

 3R、未奈は前蹴り、右ストレートを当てていき前進。組み付くレイナはなおも払腰を仕掛け、決めらないとみるや足を掛けて未奈を倒す。

 レイナの投げの際には未奈が反則となる自ら足を付くディフェンスを何度も繰り返してしまい、レフェリーから2度の注意を受けイエローカードが提示された。手数は減ったものの、最後まで未奈がKO狙いで前進し右ストレートもヒットさせたが、レイナは打ち返して試合終了。未奈が判定3‐0でレイナを下したが、笑顔はなかった。

▶次ページは、MISAKIvs坂田実優

●編集部オススメ

・再起戦に挑むKINGレイナとSB王者”フルボッコ”未奈が計量パス「投げをバチバチに練習してきた、3回以上は投げたい」(レイナ)

・【テレビ】7.30 五輪柔道 ・男子100kg超級、最強リネールに原沢勝利なるか『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報

・【Girls S-Cup】MISAKI、笑顔の“バキバキ腹筋”で計量パス、19歳・新鋭女子に「成長した姿で魅せ、勝ちに行く」

・道端カレンに教えたビキニ女王・安井友梨がお手本の堂々ポージング

・ぱんちゃん璃奈の戦闘能力は53万!いったいこの顔は!? これが美しさの秘訣か

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧