TOP > 試合結果 一覧

【五輪ボクシング】並木月海が銅メダルに無念の涙、幼馴染の那須川天心「胸を張って欲しい、誇りに思う」

2021/08/04(水)UP

並木月海が銅メダル獲得となった

 8月3日(火)の東京五輪ボクシング競技では、女子フライ級(-51kg以下)の準決勝が行われ、並木月海(なみき・つきみ/22=自衛隊)はクラステバ(ブルガリア)に判定0-5(27-30×4,28-29)で敗れた。ボクシングは3位決定戦がないため、並木は銅メダルとなった。

【フォト】幼少時代。のちの“神童”那須川天心とツーショット

 身長が153cmの並木に対し、165cmのクラステバ。インファイトを仕掛ける並木、クラステバの顔を捉えるも、クラステバはリーチあるパンチを的確に返す。3Rもポイントを取り返すべくアグレッシブに攻めた並木だったが、クラステバはしっかり距離を取りつつ多くのパンチを出すと並木は被弾。最後まで攻めの姿勢を続けたが、勝利に届かなかった。

幼少時代。のちの“神童”那須川天心とツーショット

 試合後、並木は「ここまで来れたのはまず自分を褒めてあげようと思うのと、やはり悔しい。学んだこともあるので、これからそれを生かしていきたい」と無念の涙を流した。

 並木とは幼い頃から、極真空手、キックボクシングと練習を共にした那須川天心は「お疲れ様。誇りに思うよ カッコ良かった 胸を張って欲しい ありがとう」とメッセージをSNSでメッセージを出した。

 今大会の女子ボクシングでは、2名が日本代表として出場しており、昨日の女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)に続いてのメダル獲得となった。

●編集部オススメ

・【フォト】大人になった那須川天心と並木月海のツーショット

・【ボクシング】那須川天心も強さ認める並木月海が五輪代表に決定、準々決勝でWBOアジア王者を破る

・【柔道】銅メダルの美女ビロディド、帰国後の浜辺のサービスカットに読者歓喜、今後は階級アップ準備へ

・【五輪レスリング】川井梨紗子が準決勝で吉田沙保里を破ったマロウリスと対戦、妹友香子と共に金メダルなるか

・井上尚弥のボディブローが食い込んでゆくスロー映像が公開「マジでえぐい」など話題

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧