TOP > 試合結果 一覧

【戦場】NA☆NAが王者狩り成功、有里との激闘制す

2021/08/06(金)UP

有里(左)とNA☆NA(右)が激しくヒジを交錯させた

PINK DRAGON
『戦場 19』
2021年7月25日(日)宮城・DRAGON BOXING STADIUM

▼メインイベント(第7試合) 女子スーパーフライ級 2分5R ※ヒジあり
●有里(TeamSRK/DBSスーパーフライ級王者)
判定0-3
〇NA☆NA(エスジム/ミネルヴァスーパーフライ級5位)

 有里はWINDY Super Fightライト王者・細貝祥汰、DBS&RKA&UKFインターナショナルライト級王者・晃希を兄に持つ格闘家一家の末娘。栃木のご当地アイドルユニット「あかさた、ナ」のメンバーの一員として活躍していたが今はキックに専念、昨年12月の初代DBS女子スーパーフライ級王者決定ワンデートーナメントを制覇した。今回は王者としての初戦を迎えた。

 対するNA☆NAは昨年6月、のちにKrush女子フライ級王者となる壽美とフルラウンド戦い、今年1月第5代Krush女子フライ級王座決定トーナメントにも参戦したミネルヴァランカー。今回初のヒジありルール挑戦に向けて出稽古を重ねてきたという。

 1RからNA☆NAが右ロー、右ミドルを当てながら前進しパンチ、ヒジの乱れ打ちで有里を追い込む。2R、有里は左右ミドルを返していくものの、カウンターでパンチを合わされてしまう。

 3R以降も優勢のNA☆NAがパンチの手数、ヒット数でも上回り、有里を追い込む。最終ラウンドもNA☆NAは有里の前進に対して前蹴りで寸断し、距離が近くなると右ストレート、右ミドルと自分の攻撃を当てていく。

 劣勢の有里は巻き返しを狙って打ち合いに持ち込むが決定打なく時間切れ。NA☆NAが判定3‐0で勝利した。次回はタイトルを懸けての再戦となるか!?


得意の左ミドルを当てるKAREN(右)

▼セミファイナル(第6試合) 女子50kg契約 2分5R ※ヒジあり
〇KAREN(DRAGON/DBSアトム級王者)
判定3‐0 ※三者とも49‐48
●YUKIUSAGI(フリー)

 昨年11月の初代DBS女子アトム級王座決定戦でほのか(KANALOA)からダウンを奪ってタイトルを獲得したKARENが8カ月ぶりの復帰戦。ここまで試合間隔が空いてしまったのは、嘘か真か、トレーニングせずに趣味の漫画描きに没頭していたからだという。対するYUKIUSAGIはDBSのリングを主戦場にしてきたが、これまでの所属ジムからフリーに転向。リングネームもQueen YUKIからYUKIUSAGIに変え、心機一転を図る。

 1R、KARENが左ミドル主体の攻めを見せ、ヒジ、左ストレートを当て、早くもYUKIUSAGIは鼻血を見せる。2R、なかなか手を出せないYUKIUSAGIにKARENは左ミドルを当てていき優勢を印象付けた。

 3Rになると、攻め疲れか、KARENが疲れを見せ始めながらも左ミドルを出していく。YUKIUSAGIは強引に詰めてパンチ連打。4R以降、YUKIUSAGIのパンチを被弾しながらもKARENが打ち合いにも応じ、左ミドルを当てていく。調整がうまくいかなかったか、不調があからさまに出たKARENだったが、僅差で何とか勝利を収めた。

●編集部オススメ

・【Aリーグ】49歳の魔夕美、ヒジありの引退試合で王者・有里に惜敗も大奮闘

・【戦場】20歳KAREN、ほのかとの再戦制してDBS王者に

・【戦場】沖縄との対抗戦はDBSの勝利、晃希が防衛&王座奪取

・アイドルユニットメンバーの有里が活動休止しプロデビューへ

・ベリーダンスメンバーが戦場ラウンドガールで活躍中 白崎智子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧