TOP > 試合結果 一覧

素手ボクシングで49歳元UFC戦士が秒殺KO勝利、両目見開く失神ダウンに「怪物の一撃」とファン驚愕

2021/09/11(土)UP

これぞ怪物の一撃!相手は完全失神ダウン@bareknucklefcより

 9月11日(日本時間)に米ネブラスカ州オマハにて開催された素手ボクシングの格闘技イベント『BKFC 21』にて、UFCでも活躍した人気MMA選手のヒューストン・アレクサンダー(49=米国)が、衝撃の秒殺KOデビューを飾った。

【動画】49歳元UFC選手の“怪物の一撃”KO!相手選手は両目を見開き完全失神ダウン

 アレクサンダーはUFC参戦経験のあるMMAライトヘビー級の選手。2007年にはキース・ジャーディンやアレッシオ・サカラら強豪を初回KOで倒す活躍を見せた。17年12月の米国ローカル団体PrimusFCのメインイベントでKO負けしたのを最後に戦いの場から離れたが、今回、49歳にして素手ボクシングのデビューを飾る。

 対するウェス・コームズ(48=米国)もMMAベテラン戦士。UFCの参戦経験もあり13年にキング・オブ・ザ・ケイジのヘビー級王座に輝いたこともある。

 試合は開始すぐ、フルガードで距離をつめるコームズのガードが下がった瞬間、アレクサンダーが左ジャブから強烈な右フック一閃!
 完全失神したコームズは前のめりに崩れ落ち、両目を見開いた状態で大の字ダウン。レフェリーがすぐに試合を止めた。49歳アレクサンダーのわずか34秒のKO勝利に会場は大爆発した。

 BKFCや大会配信するFITETVの公式SNSが掲載したこの一撃KOシーンに「怪物の一撃だ」「まだ現役続けていたのか、リスペクトしかない」などの驚きの声が寄せられた。

▶︎次ページは【動画】49歳元UFC選手の“怪物の一撃”KO!相手選手は両目を見開き完全失神ダウン

●編集部オススメ

・素手ボクシングで破壊的な秒殺KO! MMAプロデビュー間もないトリニダードの右が炸裂

・素手ボクシングで100キロ巨体が一撃の失神ダウン、脳天をマットに打ちつける戦慄KOシーンに「こんな倒れ方初めて見た、BKFCの年間最高KOだ」

・素手ボクシングで衝撃の“5秒殺”KO! プロ格デビューのタトゥー男“ワンパン”でダウン、団体史上2番目の最速記録に

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧