TOP > 試合結果 一覧

素手ボクシングで“PRIDE王者コールマン愛弟子”バーンズ、またも失神KO劇!「完璧な練習が完璧なKOを作る」と称賛の声

2021/09/13(月)UP

素手ボクシングで“PRIDE王者コールマン愛弟子”バーンズ、またも失神KO劇!@bareknucklefcより

 9月11日(日本時間)に米ネブラスカ州オマハにて開催された素手ボクシングの格闘技イベント『BKFC 21』のヘビー級ワンマッチにて、PRIDE GP 2000王者マーク・コールマンの愛弟子のジョシュ・バーンズ(43=米国)がまたも、相手を失神させる衝撃的なKO劇が起こした。

【動画】“PRIDE王者コールマン愛弟子”の衝撃KO!相手は両脚伸びきる完全失神ダウン

 バーンズはベラトールで活躍した120kgの巨漢MMA選手。約1年前からBKFCに参戦し、強烈な右ストレートで相手を失神KOさせた昨年12月のデビュー戦は、イーファイト編集部でも“まるでマンガの様な衝撃ダウン”と紹介するほど、大きな話題となった。今回もチーム・ヘッドコーチのコールマンがセコンドにつく。

 対するサム・シューメイカー(37=米国)はBKFC生え抜きの人気選手。18年6月の第1回大会から参戦しこれまで3度メインイベントを務めた。BKFC戦績は4勝2敗1分。

 試合は開始すぐ、シューメイカーの左フックの打ち終わりに、バーンズが飛び込んでの左フックのダブル! 強烈な一撃で意識を飛ばされたシューメイカーは足が伸び切った状態で、後方に大きくダウン。バーンズがわずか19秒でKO勝利を飾った。

 BKFC公式SNSが後日、バーンズが試合前のアップで、セコンドのコールマンが見守る中で左ダブルの動きを確認している様子とこのKOシーンを編集した映像を公開。このKOが作戦通りだったことがわかった。

「もうあのアゴは使い物にならない」「この映像を見ると、厳しい練習が報われたのが分かる」「完璧な練習が完璧なKOを作る」と称賛の声が寄せられた。

▶︎次ページは【動画】“PRIDE王者コールマン愛弟子”の衝撃KO!相手は両脚伸びきる完全失神ダウン

●編集部オススメ

・素手ボクシングで49歳元UFC戦士が秒殺KO勝利、両目見開く失神ダウンに「怪物の一撃」とファン驚愕

・まるでマンガだ!“素手ボクシング”の衝撃KOシーン、カメラ目前で選手が崩れ落ちる

・素手ボクシングで100キロ巨体が一撃の失神ダウン、脳天をマットに打ちつける戦慄KOシーンに「こんな倒れ方初めて見た、BKFCの年間最高KOだ」

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧