TOP > ニュース 一覧

まるでマンガだ!“素手ボクシング”の衝撃KOシーン、カメラ目前で選手が崩れ落ちる

2020/12/14(月)UP

まるで漫画の様なKO劇が誕生した!(BKFC公式インスタグラムより)

 素手ボクシングの格闘技イベント『Bare Knuckle Fighting Championship』(以下、BKFC)が12月11日(日本時間)、米ミシシッピー州ビロクシで第15回大会を行い、衝撃的なKOシーンが公開された。

 試合は、ジョシュ・バーンズvsクリス・サロ。バーンズが左のジャブからフルパワーの右ストレート。強烈な一発を顔面に直撃されたサロが意識が飛んだ状態で、キャンバスに倒れ込む。興奮して倒れた選手に向かったバーンズをレフェリーが引き剥がす。

この試合でKOしたジョシュ・バーンズ。(自身のインスタグラムより)

 リング際で撮影したカメラの目の前で起きた奇跡的なショット。スロー映像にしているので、まるで格闘技漫画のワンシーンを見ているかの様だ。

 今から20年前に起きた2000年のK-1「フランシスコ・フィリオvsジェロム・レ・バンナ」では、バンナの強烈な一撃を喰らったフィリオがロープ際でダウン。偶然にもカメラ前に倒れたフィリオの意識が飛んだ表情と、解説を務めた石井館長と藤原紀香さんの絶叫が放送され、K-1史上最大のKO劇の一つと言われた。

 今回のKOシーンは、大会や選手のレベルは違えど、その事を思い出させるに値する衝撃さが感じられる。

▶︎次ページは、まるでマンガだ!素手ボクシング大会で起きた衝撃KOシーン!

●編集部オススメ

・【MMA】紳士の国イギリスらしい奇妙なKO劇!“エグイ”一撃から突然の“ペコペコ”平謝り!(動画あり)

・ロシアの珍事! MMA美女が240kgの巨漢ユーチューバーにTKO勝利(動画あり)

・【K-1】山崎秀晃が愛鷹亮にスパーでKOされる映像公開(動画あり)

・全米人気の素手ボクシング大会で、わずか3秒の瞬殺KO劇!(動画あり)

・安保瑠輝也が元アウトサイダー王者・啓之輔、元新日レスラー北村克哉にKO勝利も、ホスト2人にはまさかのドロー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧