TOP > 試合結果 一覧

【海外MMA】ラデキがアゴ撃ち抜く“左フック”一撃KO! 期待の新人が失神ダウン「完璧なタイミング、美しすぎる」驚きの声

2021/09/18(土)UP

アゴ撃ち抜く“左フック”一撃KO!衝撃の失神ダウン@SuperbeastCraigより

 9月17日(日本時間)に米国フロリダ州タンパで開催された総合格闘技(MMA)イベント『Cage Fury FC 100』で、完璧なタイミングでアゴを撃ち抜く衝撃の一撃KOが誕生した。
 劇的なKOを披露したのは、チャーリー・ラデキ(米国)。ウェルター級ワンマッチでブランドン・ロペス(米国)との対戦だった。

【動画】衝撃の一撃KO!相手はアゴ撃ち抜かれ一瞬で失神ダウン

 ラデキは12年からプロデビューし、ベラトールにも参戦経験を持つ中堅ファイター。対するロペスはアマ6戦全勝で昨年プロデビューした期待の新人だ。

 試合は1R、ラデキの鋭いジャブとワンツーでロペスが鼻血。2R、ガムシャラに前に出るロペスがパンチを当てラデキがダウン。
 しかし、2R終盤、ラデキがジャブのフェイントから強烈な左フック!完璧なタイミングで顎を撃ち抜かれたロペスは一瞬で失神し、後方にダウン。ラデキが追撃のパウンドを一発落とすと、レフェリーが試合を止めた。

 強烈な一撃を食らったロペスはダメージが大きかったのか、すぐには立ち上がれず。衝撃のKO劇に興奮した解説陣も「素晴らしい。こんなKOが出たら、この後のメインカードが心配になってしまう」と、思わずため息を漏らした。

 公開されたフィニッシュ映像には「フェイントのジャブから左フックはヤバイ」「完璧なタイミング、美しすぎる」など、コメント欄には驚きの声が寄せられた。

【勝者 選手データ】(2021年9月18日現在)


チャーリー・ラデキ(31歳・ Charlie Radtke・米国)
身長178cm、階級:ウェルター/ライト
戦績:4(2KO1一本)3敗(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページは【動画】衝撃の一撃KO!相手はアゴ撃ち抜かれ一瞬で失神ダウン

●編集部オススメ

・【動画あり】戦慄のハイキック秒殺KO劇!ガードごと吹き飛ばすダウンに「これぞ大会ハイライトKOだ」と解説が興奮

・【動画あり】これぞヘビー級の破壊力!右フック一撃で戦意喪失タップ「トラックに跳ねられた衝撃」とファン戦慄=ACA

・【動画あり】素手ボクシングで49歳元UFC戦士が秒殺KO勝利、両目見開く失神ダウンに「怪物の一撃」とファン驚愕

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧