TOP > 試合結果 一覧

【ベラトール】元UFC鉄人ロメロのデビュー戦は苦い判定負け、デイビスに5度のテイクダウンを許す

2021/09/20(月)UP

テイクダウンを許すロメロ©️Bellator

Bellator MMA
『BELLATOR 266』
919日(日・日本時間)米国カリフォルニア州サンノゼ SAPセンター
▼ライトヘビー級メインイベント
○フィル・デイビス(米国)
判定2-1 ※30-27, 28-29, 30-27
●ヨエル・ロメロ(キューバ)

パンチをヒットさせるロメロ©️Bellator

 元UFC人気選手のロメロは、2000年シドニー五輪レスリング・フリースタイル85kgの銀メダリスト。世界選手権でも1個の金を含む5個のメダルを獲得したレスリングエリート。13年にUFCデビューし8連勝を飾るなど、UFCのミドル級戦線を大いに盛り上げた。

【動画】世界トップレスラー対決!デイビスがロメロに決めたビッグテイクダウン!

 しかし、昨年12月にUFCに契約解除されるとベラトールと電撃契約。当初は今年5月のライトヘビー級ワールドGP1回戦で、アンソニー・ジョンソンと対戦する予定だったが、目の負傷により欠場した。現在44歳の鉄人のデビュー戦はいかに。

パンチをヒットさせるデイビス©️Bellator

 対するのは、元王者で同級3位のデイビス。大学時代に4度のオールアメリカンに選出されるレスリングエリートだった。デイビスは4月のライトヘビー級WGP1回戦で、王者のワジム・ネムコフに判定負けしたが、善戦した。

 1R、デイビスがジャブ、ワンツーなどパンチで、ロメロが左ハイキック、カーフキックなど蹴りで試合を組み立てる。お互い出方を探り合う展開。

バックを取られるロメロ©️Bellator

 2R、デイビスのワンツーに対し、ハイガードのロメロ。デイビスが、左ボディ、前蹴りで攻撃を散らす。ロメロの左右の連打を被弾し下がるデイビス。残り30秒、デイビスがワンツーからの両手タックルでテイクダウンに成功。

 3R、デイビスがボディロックからテイクダウンに成功。バックをとりに行くが、ロメロがこれを阻止。立ち上がって正対したところで、ロメロがギロチンチョークを仕掛けるが失敗。下になったロメロはケージを利用し立ち上がるが、デイビスが両足を抱え再びテイクダウン。上からパウンドを落とし続けた。

判定でデイビスが勝利©️Bellator

 大きなダメージを与えるには至ってないものの、3Rに試合をコントロールし続け5度のテイクダウンを奪ったデイビスが、スプリットの判定勝利。一人は29-28でロメロを支持したが、ロメロ本人がこのコールを聞くと、首を振り、デイビスに完敗したことを認めた。

▶︎次ページは、【動画】世界トップレスラー対決!デイビスがロメロに決めたビッグテイクダウン!

●編集部オススメ

・【ベラトール】五輪銀レスラーのロメロが計量パス、激突する元王者デイビスと笑顔のフェイスオフ =9.18

・【RIZIN】榊原CEO、堀口恭司とベラトールは“異例の契約”と説明、凱旋参戦の可能性も

・【動画あり】9.18大会に向け“暴れん坊”ジャクソンの壮絶KO、“世界最恐女子”サイボーグの怒涛ラッシュKOなど、壮絶デビューKO映像を公開=ベラトール

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧