TOP > 試合結果 一覧

【Krush】瓦田脩二が念願のライト級王座戴冠、橋本実生は左ストレートで鵜澤悠也を吹っ飛ばす勝利

2021/09/24(金)UP

瓦田(右)がKrush王者に輝いた

Krush実行委員会
『Krush.129』
2021年9月24日(金)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第10試合) 第6代Krushライト級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
◯瓦田脩二(K-1ジム総本部チームペガサス)
判定2-0 ※28-27×2、28-28
●里見柚己(team NOVA)
※瓦田が第6代王座に就く。

 ゴンナパー・ウィラサクレックの返上したライト級王座をかけた「第6代Krushライト級王座決定トーナメント」が決勝戦を迎えた。

 瓦田は長い手足から繰り出すワンツー、蹴り技を武器とするファイター。K-1ジム総本部チームペガサスのリーダー格で、師匠の梶原龍児も保持していたベルト獲得に燃えている。準決勝では南雲大輝をKOで下して、7連勝中。勢いのまま王座戴冠を目指す。

 対する里見はサウスポーから繰り出される左ストレートが武器のファイター。Krushの10周年記念大会ではメインイベンターを務めたこともあり、Krush王座戴冠に対する思いも強い。自身で新チームteam NOVAを立ち上げ、1回戦では川﨑真一朗と対戦し、得意の強烈な左ストレートでKO勝利。本日の準決勝では弘輝との削り合いの1戦に勝利して決勝に進出した。

里見がダウンを奪い返す

 1R、里見がサウスポー。瓦田がガードを高くして左ロー。里見は左ローを蹴り込む。瓦田が飛び込んでの左右のフック、右ストレートを伸ばす。里見は左ストレートをカウンター。瓦田が飛び上がるようにしてのヒザ蹴りを見舞う。

 2R、瓦田が左ローを蹴りながら、圧力をかけて、左右のボディを狙い撃ち。里見は左ストレートを伸ばす。すると、近距離で瓦田が右の三日月蹴りでダウンを奪う。立ち上がった里見に対して、瓦田は右の三日月蹴りや左右のボディで削っていく。

 3R、瓦田が前に出て右ストレートを放ったところで、里見が左ストレートのカウンターでヒット。瓦田が後方に倒れ、ダウンを奪われる。

 ダウンを奪われた瓦田だが、前進を止めず左右のボディフック、ストレートと攻め立てる。里見は右フックを放って周り、ワンツーをガードの上から叩き込む。終盤まで、瓦田が右ロー、ヒザ蹴りと圧力をかけ続ける。ジャッジは2者が瓦田を支持。念願のKrushのベルトを腰に巻いた。

師匠の梶原龍児(左)と写真に収まった

 勝利した瓦田は「今回優勝候補と言ってくれていて、初めてプレッシャーで寝られない日もあったし、毎日負ける夢を見て、苦しかったけど、周りのサポートのおかげでこうやってチャンピオンになることが出来ました。(梶原)龍児さんとの約束通りKrushのチャンピオンになれました。K-1のチャンピオンやらせてください。かなり強い相手ですけど、福岡どうしで頂上を決めましょう」とアピール。

K-1王者・朝久と並ぶ瓦田(右)

 ここで今大会の解説をしていたK-1王者・朝久泰央ががリングイン。「瓦田選手おめでとうございます」と祝福した後、「世界のチャンピオンは自分しかいないと思っている、やることになれば叩き潰します」とコメントした。白熱するライト級戦線、今後の主役は誰だ。

●編集部オススメ

・【Krush】弘輝、里見柚己、瓦田脩二、南雲大輝がライト級トーナメント準決勝に進出

・【K-1】菅原美優、写真集イベントで「他のアイドルに無い、筋肉とか見て欲しい」水着やバニーガールにも挑戦

・【Krush】菅原美優の王座に挑戦のMIOが自信「海遊びや写真集を出してる間、私は練習していた」

・【Krush】ライト級王座T出場選手は全員計量パス、ワンマッチ出場の鵜澤悠也は橋本実生に「担架で消えてもらいます」宣言=9.24

・【Krush】レオナ・ペタスが返上のスーパー・フェザー級王座決定トーナメント開催=10.31

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧