TOP > 試合結果 一覧

素手ボクシングで右フック3連打の61秒殺KO!相手は衝撃の流血ダウン

2021/10/14(木)UP

素手ボクシングで右フック3連打の61秒殺KO劇!@BKFCより

 素手ボクシングの格闘技イベント『BKFC Fight Night: Montana』が10月10日(日本時間)に米モンタナ州ビリングスにて開催。わずか61秒の秒殺KO劇が起きた。

衝撃のKO劇を演じたのはソウヤー・ディーピー(27=米国)。ジェームス・デニス(米国)との一戦だった。

【動画】右フック3連打の61秒殺KO!カットした額からマットに鮮血が滴り落ちる衝撃シーンも

ディーピーは米国ローカルMMA団体でアマチュア選手として出場した経歴を持ち、今回BKFC初参戦。対するデニスもアマチュアMMAで活躍し、勝った試合のほとんどもKOで決めている。こちらも同じくBKFCデビュー戦だ。

試合は序盤からディーピーが飛び込むジャブから左右連打のコンビネーションで強いプレッシャーをかける。反撃したいデニスが低い構えから右のストレートを放つが、これを交わしたディーピーが右フックの3連打!デニスは両膝をマットについて前のめりにダウン、レフェリーが試合を止めた。

わずか61秒で試合が終わったことももちろんだが、立ち上がれないデニスの額が切れて、鮮血がマットに滴り落ちたシーンも衝撃的だった。

▶︎次ページは【動画】右フック3連打の61秒殺KO!カットした額からマットに鮮血が滴り落ちる衝撃シーンも

●編集部オススメ

・五味隆典とも激闘の元UFCギラード、素手ボクシングで顔面骨折KO負け!強烈な一撃に上半身がロープの外に

・美女ファイターが“裸拳”で流血ドツキ合い!素手ボクシング大会史上最も熱狂した「ナックルマニア」の壮絶映像が公開

・素手ボクシングで衝撃の“5秒殺”KO! プロ格デビューのタトゥー男“ワンパン”でダウン、団体史上2番目の最速記録に

・素手ボクシングで37歳プロデビューのヘビー級巨漢、強打を浴びて秒殺TKO負け、ノーガードの余裕を見せるも流血ダウンに呆然

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧