TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】田中、比嘉とも対戦したフェンテスが失神KO負けで意識不明、手術へ

2021/10/18(月)UP

モイセス・フェンテス

 昨日17日(現地時間10月16日)メキシコ・カンクンにてWBCユース・シルバー・スーパーフライ級王座決定戦が行われ、ダビッド・クエリャル(19=メキシコ)が元世界2階級制覇王者のモイセス・フェンテス(34=メキシコ)に、6Rに失神KO勝ち。フェンテスは仰向けに倒れたまま意識が戻らず、病院に搬送された。

【フォト&動画】フェンテスの衝撃失神KO負け

 病院で検査の結果、現地時間の日曜日の朝7時に手術を受けることになったという。手術の理由は不明だが、一部メキシコの報道では脳に血栓が見られたともあった。

 フェンテスは世界2階級(WBOミニマム級、ライトフライ(暫定))を制した強豪だが、日本人ファイターには田中恒成、比嘉大吾にともにKO負けしている。2018年9月にローマン・ゴンザレスとのカムバック戦で1ラウンドでノックアウトされて以来、試合をしていなかった。

 試合は序盤からクエリャルのペースで進み、3Rには大きくぐらつかされるもフェンテスは耐えていた。一方的な試合だったため、リングサイドにいたWBCのマウリシオ・スライマン会長までもが、コーナーに試合の中止を強く提案したほどだったが、最後に1ラウンドが与えられた。これが今回の事態を招いた。6R終了間際の左フックでフェンテスは仰向けに倒れ、搬送された。
 回復を祈りたい。

▶︎次ページは【フォト&動画】フェンテスの衝撃失神KO負け

●編集部オススメ

・田中恒成がフェンテスにTKO勝利し、世界2階級制覇

・フエンテスがKO負けに不満、比嘉が反論

・【ONE】まさかの失神KO負けのペトロシアン、アゴ骨折で手術していた! 無事成功の報告

・恐怖の顔面ヒザ蹴りKO!2メートル巨漢オパチッチに「野獣のようだ」と驚きの声=ONE

・【ボクシング】会見で乱闘! カネロの平手のアッパーでプラントが出血

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧