TOP > 試合結果 一覧

【UFC】ヴェットーリがコスタに判定勝利、遺恨の激闘を制し「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」も受賞

2021/10/25(月)UP

コスタ(左)にヴェットーリ(右)に判定勝利©️UFC

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス41』
2021年10月24日(日・日本時間)米国ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

▼ライトヘビー級マッチ
●パウロ・コスタ(ブラジル)
判定0-3 ※三者共に46-48
○マービン・ヴェットーリ(イタリア)

 コスタは元ジャングルファイトミドル級王者で現ミドル級2位の実力者。昨年9月のミドル級タイトルマッチで王者のイスラエル・アデサンヤにTKO負けするまで13戦無敗(11KO)と波に乗っていた。今年はコロナ感染するなど試合はまだ行ってなく、今回の再起戦で1年ぶりにオクタゴンに登場する。

 対するヴェットーリはミドル級5位。18年4月にアデサンヤにスプリット判定で敗れ、その試合以降は5連勝。今年6月にアデサンヤとタイトル戦で再戦したが、ここも判定で敗れた。ヴェットーリも同じく再起戦となる。

 二人はミドル級のトップランカーで、この試合は当初はミドル級(185ポンド/83.9kg)の規定体重で行われる予定だったが、20日に突如コスタが体重が落とせないから195ポンド(88.45kg)でのキャッチウェイトにして欲しいと要求。ヴェットーリがそれを飲むと、翌21日にまだ体重が落ちないと一階級上のライトヘビーでの体重を再要求。結局、ヴェットーリが承諾する形となったのだ。

 試合開始前、コスタがケージに入るや否や、ヴェットーリに飛びかからんとする場面も。

 試合は、コスタの右ハイキックがヒット!ぐらつくヴェットトーリに対し、コスタがパンチラッシュを仕掛けるが、ヴェットーリが巧なディフェンスでピンチを凌ぐ。残り2分、ヴェットーリがサイドから組みつき、テイクダウン成功するが、すぐにコスタに立たれる。コスタの目突き行為で試合が一時中断。コスタにはレフェリーから減点が宣告される。

 3R、手数は少ないものの一発一発の攻撃に力が乗るコスタに対し、ヴェットーリはコツコツと攻め続ける。
 終盤、コスタが両手タックルからテイクダウンに成功、上からパウンドなど攻めるが返され、ヴェットーリのトップキープでラウンド終了。

 4R&5R、体力の消耗が激しい両者。足を止めながら、パンチを繰り出す。多数の多いヴェットーリがコスタをパンチ連打で攻め込む場面が増える。

 結局、判定は三者共に46-48でヴェットーリを支持。ヴェットーリはこの試合で、大会で最も良いパフォーマンスを見せた2名のファイターに贈られる「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」を受賞した。

▶︎次ページは【動画】試合前のヒートアップ!コスタがヴェットーリに飛びかからんとするシーン

●編集部オススメ

・【UFC】一触即発の険悪フェイスオフ!“体重落とせない”コスタにヴェットーリが“中指立て”激怒=前日計量

・【動画あり】地上最強の怪力男が衝撃“18秒”KO!150kgセネガル巨漢を一撃失神に=KSW

・【動画あり】”引退ロード”ヒョードルが106秒の衝撃KO勝利!母国ファンの前でヘビー級2位ジョンソンを豪腕フックで沈める

・【動画あり】“240kg巨漢をKOした”話題のロシア美女ダリナ、デビュー痛恨のTKO負け!鉄槌連打でメジャーの洗礼を浴びる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧