TOP > 試合結果 一覧

ボクシング絶対女王シールズ、MMA2戦目で悔しい初黒星!馬乗りからパウンド連打の洗礼も=PFL

2021/10/28(木)UP

ボクシング世界3階級女王シールズ、MMA挑戦2戦目で悔しい初黒星!©️PFL

 10月28日(日本時間)に米国フロリダ州で開催された総合格闘技(MMA)イベント『PFL 2021 #10: Championships』の女子ライト級ワンマッチで、五輪で2度金、女子プロボクシングでは2階級で4団体制覇を果たしたクラレッサ・シールズ(26=米国)がMMAプロ2戦目で初黒星を喫した。

【動画】これがMMAの洗礼!ボクシング世界3階級女王、馬乗り状態のモンテスからパウンドを連打される場面

 シールズは12年ロンドン五輪、16年リオ五輪と2大会連続で女子ボクシングミドル級の金メダルを獲得後、プロでも絶対女王ぶりを発揮し数々の王座を獲得してきた。
 今年6月のPFLでMMAデビューを果たすと、柔術がベースのブリトニー・エルキンを相手に3R TKO勝利を飾った。

 シールズの2戦目の相手を務めるのはアビゲイル・モンテス(21=メキシコ)。メキシコ国内プロモーションでデビュー2連勝中の新人だ。

 試合は序盤からジャブを繰り出しながらプレッシャーをかけ続けるシールズに対し、モンテスは距離を取りながら近づくと組みつくという展開。

 2R中盤、モンテスが両手タックルでテイクダウンに成功。ガードの上からパウンドを落とすが、ラウンド終盤にシールズが金網をうまく利用し立ち上がる。

 最終3R中盤、モンテスが再び両手タックルからテイクダウンに成功。ハーフの状態でパウンドを落としながら、ジリジリとシールズの身体を金網へと押し続ける。

 シールズの身体が金網付近となり、逃げられなくなった残り20秒、モンテスが馬乗り状態になり、怒涛のパウンド連打。シールズは必死で抵抗するも、マウントを解除できず、そのまま終了のゴングが鳴った。

判定は1ー2の僅差でモンテスを支持。シールズがMMA2戦目にして悔しい初黒星を喫した。

▶︎次ページは【動画】これがMMAの洗礼!ボクシング絶対女王シールズ、馬乗り状態のモンテスからパウンドを連打される場面

●編集部オススメ

・【動画あり】ボクシング世界3階級女王クラレッサ・シールズ、MMAで逆転TKOデビュー、柔道五輪金のハリソンとドリームマッチも視野=PFL

・【動画あり】”男子王者にも勝てる”世界最強の女子ボクサー・シールズ、6.10MMAデビュー戦が決定=PFL

・【動画あり】女子柔道五輪金ハリソン、圧巻の“腕十字”一本勝ち!2連覇達成し優勝賞金1億円も獲得

・【動画あり】壮絶な5秒殺KO!グローブタッチの隙を狙う相手に反撃のハイキック「倒れながら礼をしている」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧