TOP > 試合結果 一覧

【海外MMA】わずか26秒で王座奪取!怒涛の秒殺KOでベルトを奪われた前王者は呆然=EFC

2021/12/08(水)UP

怒涛の秒殺KOでベルトを奪取!@Grabaka_Hitmanより

 12月5日(日本時間)南アフリカ共和国のヨハネスブルクにて、総合格闘技イベント『EFC 91』のメインイベントは、わずか26秒で王座が入れ替わる、衝撃の秒殺KO劇となった。
 KOしたのは挑戦者のルサンド・ビコ(南ア)。フライ級王者ンカジムロ・ズールー(南ア)とのタイトル戦だった。

【動画】わずか26秒!相手のカーフからカウンターKO!最後はダメ押しのパウンド葬

 両者は3ヶ月前の同級王座決定戦で対戦し、その時はズールーがギロチンチョークで一本勝ちを収め、王座を手にした。

 試合はすぐに、ビコが右ハイキックで牽制。ズールーが右のカーフキックで対抗すると、ドンピシャのタイミングでビコが右オーバーハンドのカウンター!
 吹き飛ぶ様に倒れたズールーに、ビコがパウンドを落とすと、すぐにレフェリーが試合を止めた。

 わずか26秒の秒殺劇に会場は大歓声。わずか3ヶ月でベルトを取られたズールーは呆然となったが、最後は新王者のビコを祝福した。

【勝者 選手データ】(2021年12月8日現在)


ルサンド・ビコ(32歳・Luthando Biko ・南アフリカ共和国)
階級:フライ級
戦績:9(2KO)3敗(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページは【動画】わずか26秒!相手のカーフからカウンターKO!最後はダメ押しのパウンド葬

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・衝撃の“回転バックエルボー”KO!死角からアゴを打ち抜く一撃に相手は前のめりダウン =ACA

・これは回避できない!“カーフキック”フェイントからのハイキック秒殺KO!実況も思わず「オオーッ!」

・衝撃のハイキック13秒殺KO!両手足硬直の失神ダウンに「こんな痛烈な一撃は見たことがない」と実況が大興奮

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧