TOP > 試合結果 一覧

【海外MMA】壮絶なヒジ攻撃TKO!大流血の相手は怒涛の反撃も最後は無念のドクターストップ

2022/01/04(火)UP

壮絶なヒジ攻撃で相手は大流血!(Jovem Pan Esportes公式YouTubeより)

 21年12月29日(日本時間)ブラジル・サンパウロで開催された総合格闘技イベント『Jungle Fight 104』にて、強烈なヒジ攻撃で相手を大流血させる壮絶なTKO劇が起きた。

【動画】これは強烈!戦慄のヒジ攻撃で額を割られた相手は大流血

 KOしたのはルイス・パウロ・バルボーサ(23=ブラジル)。フライ級マッチのマテウス・ダ・シウバ・シベリーニョ(24=ブラジル)との一戦だった。

 バルボーサはJungle Fightを主戦場とするチーム・ノゲイラ所属の人気選手。5勝2敗の戦績で21年8月の前戦では初回KO勝利を飾った。
 対するシベリーニョは8勝2敗で、ヴァンダレイ・シウバを輩出した名門シュートボクセ所属の選手だ。

 試合は序盤から激しい打撃戦。積極的に展開を作るシベリーニョがフロントチョーク失敗で下のポジションになると、長い手足を持つバルボーサがトップからヒジ攻撃!

 すると、強烈なヒジ打ちを額に何発ももらったシベリーニョの顔面は大流血!ピンチとなったシベリーニョは、顔面を真っ赤に染めながら鬼気迫る表情で、下からフロントチョークや腕十字を狙う。

 バルボーサが腕十字を解除すると同時に、トップを奪うシベリーニョ。上からパウンドを落とすなど形勢逆転となったが、流血が止まらないシベリーニョがを見て、レフェリーが試合をストップ。ドクターが傷口をチェックし、これ以上の試合続行は不可能として、ドクターストップとなった。

 1R3分45秒で、バルボーサが壮絶なTKO勝利を飾った。

【勝者 選手データ】(2022年1月2日現在)

ルイス・パウロ・バルボーサ(23歳・Luiz Paulo Barbosa ・ブラジル)
身長:170cm 階級:フライ
戦績:6(2KO3一本)2敗(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページは【動画】これは強烈!戦慄のヒジ攻撃で額を割られた相手は大流血

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【動画あり】プロ初戦セクシー美女戦士、わずか12秒のKO劇! 勢い余って失神相手に容赦ないパウンド連打

・【動画あり】悶絶ボディブローKO!身体くの字ダウンの相手にダメ押しのパウンド嵐

・【動画あり】これは回避できない!“カーフキック”フェイントからのハイキック秒殺KO!実況も思わず「オオーッ!」

・【動画あり】素手ボクシングで35秒殺KO!ダウン相手が両足麻痺で立てない姿に「恐ろしすぎる、回線を断ち切るスイッチを押した」と驚愕の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧