TOP > 試合結果 一覧

【KNOCK OUT】鈴木千裕、怒涛のパワー連打でタップロンに豪快KO勝利

2022/01/22(土)UP

タップロン(右)にKO勝ちした鈴木千裕(左)

株式会社Def Fellow
『KNOCK OUT 2022 vol.1』
2022年1月22日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第9試合)スーパーファイト KNOCK OUT-BLACK -65.5kg契約 3分3R延長1R
○鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺/KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王者)
KO 1R2分17秒
●タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム)

▼【動画】KOした瞬間はページ下部

 昨年7月にKNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王座決定トーナメントを制覇しベルトを獲得した鈴木は、キックとMMAの二刀流を目指すと宣言。RIZINで2戦、MMAルールに挑戦し昨年9月に昇侍にTKO負けを喫したが、続く11月の山本空良戦では判定勝利した。今回はKNOCK OUT王者としてのキック初戦となる。

 対するタップロンは日本で活躍するムエタイ選手で、シュートボクシング、RISEと様々なリングに上がり、鈴木博昭、小川翔、“ブラックパンサー”ベイノアに勝利している実力者。

 1R、ゴングと同時に仕掛けた鈴木は飛び込むような大振りの右ストレート。タップロンをコーナーに詰めると、爆音が聞こえるような大振りの左右フックのラッシュで仕留めにかかる。タップロンも打ち合いに応じ右ハイを交ぜていく。

 鈴木の猛ラッシュに飲み込まれたタップロンは劣勢ながらも強打のパンチを返していくが、右フックを浴びて力尽きたように倒れる。ダウンしたタップロンは10カウントぎりぎりで立ち上がるも、再び鈴木のラッシュの前に成す術なく再び倒れる。そのままタップロンは立ち上がれず、鈴木が豪快にKO勝ち。

リングを降りた鈴木は、最前列で観戦していたMMAの師匠の五味隆典の祝福を受けた

 マイクを握った鈴木は興奮しながら「どうでしたか! やっぱりKNOCK OUTのメインはKOじゃなきゃね! 去年RIZINで2戦挑戦して1回負けて1回勝ってまた帰ってきたんですけど、僕は判定で勝っちゃったんですよ。プロとしてちゃんとした試合ができたのは良かったのですが、もっと天辺に行ける選手ってメインでちゃんとKOしないと上に行けないと思ったんですよ、僕。だから今年も倒して倒しまくって天辺に全員を連れていきたいので、俺の夢に付いてきてください。有言実行するので、これからも鈴木千裕を応援してください!」とアピールした。

▼鈴木が豪快KOの瞬間

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】1.22『KNOCK OUT』鈴木千裕vsタップロン、古村匡平vs髙橋亨汰、中島弘貴vs曽根修平など生中継・配信情報

・【KNOCK OUT】前日計量全員パス=鈴木千裕vsタップロンほか

・“競泳水着”写真集も人気に!来栖うさこ、新年一発目のラウンドガールへ=1.22 KNOCK OUT

・今は“ムキムキ”ぱんちゃん璃奈、昔のあだ名は「鳥の骨」、バイトで泣いた失敗談なども語る

・【KNOCK OUT】王者・松倉信太郎と元人気グラドル犬童美乃梨が結婚

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧