TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】笠原弘希が西岡蓮太を倒してSB史上初の三階級制覇!川上叶が魁斗を破り新王者に=4.10後楽園

2022/04/10(日)UP

笠原(奥)は西岡をKOで下して3階級を制覇した

シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2022 act.2』
 2022年4月10日(日)
東京・後楽園ホール

▼第8試合 SB日本ライト級タイトルマッチ 62.5kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
●西岡蓮太(龍生塾/王者)
KO 2R 1分24秒 ※左ボディブロー
〇笠原弘希(シーザージム/同級1位/挑戦者)

再起戦となった西岡(右)は打ち合いを見せた

 西岡は18年に日本ライト級王座を獲得。20年には[初代KNOCK OUT64kgトーナメント]に出場し、一回戦で小川翔、準決勝で鈴木千裕、決勝でバズーカ巧樹を下して初代タイトルを奪取した。しかし、左手首の手術で戦線を離脱。今回が約1年5カ月ぶりの復帰戦で防衛戦となる。

 対する笠原は、第15代SB日本スーパーフェザー級&第4代SB日本フェザー級王者。前戦となった昨年12月大会ではKNOCK OUT-REDライト級王者・重森陽太に判定勝利を収めた。現在6連勝中で、3階級制覇を目指す。

笠原がKOする瞬間

 1R、西岡は左ボディから右フックで急襲。笠原は紙一重でガード。さらに西岡は、右から左ボディのコンビネーション。笠原はローキックでコツコツと蹴っていく。西岡の右がヒットすると、会場が盛り上がる。このラウンドは西岡の攻撃が目立った。

 2R、西岡が右から左を放つ。笠原はプレッシャーをかけて、西岡を追い込む。ここが勝負と見たのか、西岡は左ボディから右フック。これがまともにヒットして、西岡はテンカウントを聞いた。

マイクアピールする笠原

 KO勝ちを収めて、SB初の3階級制覇を達成した笠原は「復帰戦でタイトルマッチをしていただいた西岡選手、ありがとうございました。SB初の3階級制覇は、俺が初。誰とやっても一番自信あるんで。いつでも準備できているんで、SB最強、笠原は最強を見せたい」とマイクでアピールした。

▶次ページは、魁斗vs川上叶

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】ライト級王者・西岡蓮太が計量パスでマッスルポーズ、最強の挑戦者・笠原弘希もバキバキ腹筋で好調アピール=4.10後楽園

・【シュートボクシング】MISAKI、26歳バースデーを”美腹筋”マッスルポーズで報告

・【シュートボクシング】MISAKIがサンタ帽と”ビキニ”で計量パス! 田渕涼香も負けずにマッスルポーズ=12.26

・【シュートボクシング】RENA、ラウンドガール10年の”メイちゃん”引退に感謝、大晦日へ意気込みも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧