TOP > 試合結果 一覧

足スネ“グニャリ”骨折の衝撃!カーフキック防御で相手の足を破壊=米AOS

2022/04/21(木)UP

足スネ“グニャリ”骨折の衝撃!@artofscrapより

 416日(日本時間)米国インディアナで開催された総合格闘技イベント『AOS 4』のメインイベントにて、元ベラトール世界王者が相手のカーフキックをカット。その衝撃で相手のスネがグニャリと骨折する衝撃のTKO劇が起きた。
 TKO勝利したのは、ウィル・ブルックス(35=米国)。ウェルター級マッチのラファエル・バストス(40=ブラジル)との一戦だった。
【動画】カットで相手の足を破壊!足のスネが“グニャリ”と骨折した瞬間

 ブルックスは元ベラトール世界ライト級王者。プロ12年目で2251分の戦績を誇るベテランで、昨年からAOSに参戦している。
 対するバストスはブラジルMMA団体を中心に活躍するベテラン。42勝20敗1分で34フィニッシュ(19KO・15一本)と決定率も高い。

 衝撃の瞬間は1Rすぐに訪れた。ブルックスが鋭いジャブで一定の距離を保つと、バストスが右のカーフキック対抗。しかし、ダメージを受けたのはバストスの右足。スネはグニャリとくの字に曲がり骨折!

 ブルックスの左膝下辺りを狙った蹴りだったが、ブルックスがそれを読んでしっかりとカットしたのだ。足を抱えて倒れたバストスを見て、レフェリーがすぐに試合を止めた。

 わずか19秒で試合はストップ。大会公式SNSではこの放った蹴りはカーフキックによるものリポートした。勝者のブルックスがこの衝撃映像を自身のツイッターに投稿すると「今やローキックはリスクの高い技になったのかもしれない」「これを見てスネを鍛えようと思った」など声が上がった。

AOS 4
2022年4月16日(日本時間)米国インディアナ州

▼ウェルター級マッチ
●ラファエル・バストス(ブラジル)
TKO 1R19秒 ※相手の足骨折により 
○ウィル・ブルックス(米国)

【勝者 選手データ】(2022年4月21日現在)


ウィル・ブルックス(35歳・Will Brooks・米国)
身長:178cm 階級:ウェルター
戦績:23(6KO5一本)51分(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページは【動画】カットで相手の足を破壊!足のスネが“グニャリ”と骨折した瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・素手ボクシングで相手の“目を破壊する”戦慄のKO劇!ストレート一撃で戦闘不能に

・【フォト】これが世界で最も人気のあるラウンドガールだ

・新人美女ファイターが関節技で“タップせず”腕を折られる「とても痛かったけど、もっと強くなる」=米CB

・世界王座戦でまさかの珍事!レフェリーの顔面に選手の豪腕パンチが炸裂、ダウンしリング降りる=南アEFC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧