TOP > 試合結果 一覧

ローキック連発に“戦意喪失”のTKO!「冗談だろ、全く防御できていなかった」と実況唖然=米Titan FC

2022/05/10(火)UP

ローキック連発に相手は戦意喪失©️Titan FC

 5月7日(日本時間)米国フロリダ州で開催された総合格闘技イベント『Titan FC 76』にて、強烈なローキックによる悶絶のKO劇が起きた。
 KOしたのはラミ・ハメド(31=レバノン)。ウェルター級マッチのディアス・ズレタ(46=コロンビア)との一戦だ。

【動画】強烈なローキック!相手は座り込んで戦意喪失

 ハメドはムエタイやキックボクシングでの大会優勝経験を持ち、MMAではBRAVE CF やTitan FCで活躍する実力者。プロキャリア11勝のうち8KOとKO率の高いストライカーだ。

 ヒザの手術を行い1年ぶりの復帰戦を迎えたハメドの対戦相手は46歳のズレタ。ズレタは40歳だった17年にプロデビューし2戦全勝中だが、この対戦は荷が重いか。

 試合は序盤、半身で構えながらステップするズレタに対し、ハメドが一発目のローキックを放つと、ズレタは大きくバランスを崩し尻餅。この時点でダメージを負った様子だ。

 打撃を嫌がり、組みつこうとするズレタだが、ハメドがローキックを連発。ズレタは全く反応できずに、そのまま貰ってしまう。

 ケージを背にするズレタ、ハメドが8度目のローキックを当てると、ズレタは座り込み戦意喪失。力なくマットをタップし、レフェリーが試合を止めた。

 突然の戦意喪失に実況も唖然。「冗談だろ、、、よくわからないが、全く防御できていなかったので、腓骨か靭帯を痛めたのか?」と、あまりに呆気ない終わり方に不満すら見せる様子だった。

 ピンポイントでズレタの膝裏やカーフ周辺を当てるハメドの蹴りは素晴らしかったが、実力差の大きいミスマッチ感が否めない試合内容だった。

『Titan FC 76』
2022年5月7日(日本時間)米国フロリダ州
▼ウェルター級マッチ
○ラミ・ハメド(31=レバノン)
TKO 1R1分22秒 ※ローキック
●ディアス・ズレタ(コロンビア)

【勝者 選手データ】(2022年5月9日現在)


ラミ・ハメド(31歳・Rami Hamed・レバノン)
階級:ウェルター級
身長:185cm
戦績:11勝(8KO31無効試合(TAPOLOGY情報参照)

▶︎次ページは【動画】強烈なローキック!相手は座り込んで戦意喪失

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・“関節技”をタップせずに肩破壊!制止しなかったレフェリーに非難の声=米Cage Wars

・【フォト】これが世界で最も人気のあるラウンドガールだ

・激痛アクシデント!蹴りの後にスネ”くの字”の悲劇、マクレガーと同じ悪夢=アルゼンチンCAM

・新人美女ファイターが関節技で“タップせず”腕を折られる「とても痛かったけど、もっと強くなる」=米CB

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧