TOP > 試合結果 一覧

RENAとも戦った美女戦士ヴァンザント、”61秒”KO負けで失神=米InvictaFC

2022/05/16(月)UP

ヴァンザント、足が伸び切る失神KO負け!©️INVICTAFC

 5月12日(日本時間)米国カンザスシティ州で開催された格闘技イベント『Invicta FC 47』にて、RIZINでRENAと戦ったことがあるリンジー・ヴァンザント(28=米国)が、失神KO負けを喫した。女子アトム級マッチのジリアン・デコーシーとの一戦だった。

【動画】ヴァンザントが強烈な右フックで失神KO負けした瞬間!

 ヴァンザントはRIZINで活躍するRENAと2度戦った実力者。19年6月の『Bellator 222』でRENAに一本勝ちを収めるも、同年大晦日の『RIZIN.20』でRENAにTKO負けを喫した。対するデコーシーはInvicta FCで戦ってきた強靭なフィジカルが自慢のパワーファイターだ。

 試合は1R序盤から近い距離でパンチとローキックを交差させる両者。ヴァンザントが踏み込んだ瞬間、デコーシーが強烈な右フック!
 ヴァンザントが崩れ落ち、両足が伸びきる失神ダウン。デコーシーが鉄槌を落とすと、すぐにレフェリーが試合を止めた。

 1R1分1秒と61秒の秒殺KO勝利を飾ったデコーシー。倒れたヴァンザントは立ち上がれず会場が騒然とする中で、セコンドと喜びを爆発させた。

『Invicta FC 47』
2022年5月12日(日本時間)米国カンザスシティ州
▼女子アトム級マッチ
●リンジー・ヴァンザント(米国)
KO 1R 11秒 ※右フック
ジリアン・デコーシー(米国)

▶︎次ページは【動画】ヴァンザントが強烈な右フックで失神KO負けした瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・ヘビー級巨漢がヒジ攻撃で劇的な秒殺KOも「これは危険な反則技じゃないか」と物議に=米国B2FS

・【フォト】これが世界で最も人気のあるラウンドガールだ

・【素手ボクシング】スキンヘッド刺青の男が秒殺KO負け!左目狙いのオーバーハンドに沈む

・【素手ボクシング】ヘビー級豪腕パンチで壮絶KO!僅か95秒で3度のダウンで顔面ボコボコに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧