TOP > 試合結果 一覧

戦慄の一撃”27秒殺”失神KO!「団体史に残るスーパーパンチ」と公式発表=ロシアOPENFC

2022/05/18(水)UP

“団体史に残るスーパーパンチ”で秒殺KO!(OPEN FC GORILLA FIGHTING公式YouTubeより)

 5月16日(日本時間)ロシア・サマラで開催された総合格闘技イベント『OPEN FC 19』にて、一撃で相手を失神させる27秒殺のKO劇が起きた。大会公式SNSではこのKOシーンを“団体の歴史に残るスーパーパンチ”と紹介した。

【動画】“団体史に残るスーパーパンチ”で秒殺KO!相手は失神

 勝利したのは、ウラジミール・セリバーストフ(28=ロシア)。フライ級マッチのフリオ・セザール・サンタナ(36=ブラジル)との一戦だった。

 セリバーストフはプロ12勝で9KOを誇るKOアーティスト。昨年5月の前戦でKO負けを喫し、今回地元サマラで再起を狙う。
 対するサンタナはOPEN FC初参戦のブラジル・ベテラン選手。過去16勝で13フィニッシュ(10KO・3一本)とフィニッシュ率が高い。

 試合は1R序盤、セリバーストフが左インローと右ストレートで攻勢。サンタナが反撃とばかりに踏み込んだ右ローを放つと、セリバーストフの右フックがサンタナのテンプルにヒット!下がるサンタナが右フックの打ち終わりに再び右フックが炸裂!一撃で失神したサンタナは崩れる様に前のめりにダウン。レフェリーが素早く試合を止めた。

 わずか27秒の秒殺KOに、地元ファンは大歓声で喜んだ。団体の歴史に残る豪快な一撃のスーパーパンチでの失神KO劇だった。

『CAM9』
2022年5月16日(日本時間)ロシア・サマラ
▼ライトヘビー級マッチ
○ウラジミール・セリバーストフ(ロシア)
KO 1R27秒 ※右フック 
●フリオ・セザール・サンタナ(ブラジル)

【勝者 選手データ】(2022年5月18日現在)


ウラジミール・セリバーストフ(28歳・Vladimir Seliverstov・ロシア)
階級:ライトヘビー級
身長:190cm
戦績:13勝(10KO3敗(TAPOLOGY情報参照)

▶︎次ページは【動画】“団体史に残るスーパーパンチ”で秒殺KO!相手は失神

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【素手ボクシング】最強のモヒカン戦士”が豪快KO!どデカイ”モヒカン”で身長2m超え

・【フォト】これが世界で最も人気のあるラウンドガールだ

・【素手ボクシング】スキンヘッド刺青の男が秒殺KO負け!左目狙いのオーバーハンドに沈む

・RENAとも戦った美女戦士ヴァンザント、”61秒”KO負けで失神=米InvictaFC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧