TOP > 試合結果 一覧

【素手ボクシング】大会最優秀KO賞は”豪腕フックでマットに頭がバウンド!”「壮絶だ、撮影角度がヤバい」とファン衝撃

2022/05/21(土)UP

大会最優秀KO賞を手にした豪腕KO!@bareknucklefc

 5月14日(日本時間)、米国ネブラスカ州オマハで開催された素手ボクシングイベント『BKFC FN: Omaha』の「大会最優秀KO賞」に選ばれた試合のKOシーンが「壮絶だ、撮影角度がヤバい」とファンから恐怖と驚きの声が寄せられている。

【動画】これが大会最優秀KO!豪腕フックでマットに頭がバウンド

 このKOシーンが生まれたのは、ミドル級マッチで行われたライアン・ブラウン(34=米国)とジェット・ジョーンズ(35=米国)の一戦。両者は共に素手ボクシング初参戦で、KO勝利したブラウンはMMAプロ14年のキャリアを持つベテランだ。

 試合は1R序盤から両者が真っ向勝負のどつき合い。中盤にジョーンズが強烈な左ストレートでダウンを奪ったが、ここからブラウンが反撃。終盤に強烈な右フックでジョーンズをなぎ倒し、ブラウンが1R1分27秒の逆転KO勝利を飾った。この一撃は大会最優秀KO賞に選ばれた。

 ブラウンの強烈な右フックで、後方に吹き飛びマットに頭をバウンドさせるジョーンズ。ジョーンズの倒れた頭のすぐそばのリングサイド撮影したKO映像がBKFCの公式SNSにて公開されると、「これぞノックアウト」「壮絶だ」「撮影角度がヤバい」など、恐怖と驚きの声が寄せられた。

『BKFC FN: Omaha』
5月14日(日本時間)米国ネブラスカ州オマハ
▼ミドル級マッチ
●ジェット・ジョーンズ(米国)
KO 1R127秒 ※右フック
ライアン・ブラウン(米国)

▶︎次ページは【動画】これが大会最優秀KO!豪腕フックでマットに頭がバウンド

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・プロデビュー柔術家が初回一撃KO!「相手を失神させた恐ろしいパンチ」と実況が驚愕=米FuryFC

・【フォト】素手ボクシング参戦の元UFC美女が自身のセクシーショットベスト9を発表

・“左目に一撃!”流血のドクターストップTKO! 王者ドゥコッティが初防衛に成功=米InvictaFC

・【素手ボクシング】最強のモヒカン戦士”が豪快KO!どデカイ”モヒカン”で身長2m超え

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧