TOP > 試合結果 一覧

【UFC】テコンドー道場の女先生が顔面ヒジ連打でKO負け!3R激闘の流血姿に賞賛と同情の声

2022/05/23(月)UP

テコンドー道場の女先生が顔面ヒジ攻撃でKO負け!©️UFC

 5月21日(日本時間)米ネバダ州ラスベガスで開催された格闘技イベントUFCファイトナイト・ラスベガス55』にて、テコンドー道場の先生を務める女性ファイターが、馬乗り状態からのヒジ攻撃で受け続け、KO負けを喫した。

 敗れたのはエリース・リード(29=米国)。女子ストロー級マッチのサム・ヒューズ(29=米国)との一戦だった。

【動画】馬乗り状態からヒジ攻撃KO!鼻や口から流血

 リードはテコンドー三段の実力を持つストライカー。テコンドー道場を経営し自らも指導する。米国MMA団体「CFFC」の元ストロー級王者で、UFCには昨年に参戦。1勝1敗の成績を誇る。
 対するヒューズはアマチュアキックの団体で5本のベルトを持つストライカー。今年4月の前戦でUFC初勝利を手にした。

 試合は序盤からリードのスタンド打撃に対し、ヒューズがテイクダウンからパウンドを落とし対抗。腰の軽いリードから簡単にヒューズからテイクダウンを奪い、試合を優位に運ぶ。
 3Rもヒューズがすぐにテイクダウンを奪いパウンド連打。フルマウント状態にすると、全く動けないリードに対し、上からヒジを何度も叩き落とす!リーズのなす術ない様子を見て、レフェリーが試合を止めた。

 鼻や口から流血しながらも戦い続けたリーズ。そのフィニッシュ映像がUFC公式SNSで公開されたが「最後まで戦う姿にリスペクト」「本当に危険なスポーツ、壮絶な打撃をもらった」などの同情する声が寄せられた。

WME-IMG
UFCファイトナイト・ラスベガス55』
2022年5月22日(日本時間)米ネバダ州ラスベガス /UFC APEX

▼女子ストロー級マッチ
●エリース・リード(米国)
TKO 3R3分52秒 ※マウント状態からのヒジ攻撃
サム・ヒューズ(米国)

▶︎次ページは【動画】馬乗り状態からヒジ攻撃KO!鼻や口から流血

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・豪腕フックで秒殺KO!元UFC戦士の一撃に「相手は自らKOされに行った」と驚きの声=米EagleFC

・【関連動画】120kg巨漢が放つ“死角バックスピンキック”衝撃KO!=UFC

・素手ボクシングで相手の“目を破壊する”戦慄のKO劇!ストレート一撃で戦闘不能に

・素手ボクシング初挑戦の元UFC女子が“顔面血だるま”で玉砕!本人やる気も無念のドクターストップ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧