TOP > 試合結果 一覧

”柔術黒帯”元王者の強烈ミドルキックで悶絶KO!元UFC戦士がゆっくりマットに崩れる=米FuryFC

2022/05/25(水)UP

柔術黒帯の元王者が強烈ミドルキックで悶絶KO!ゆっくりダウンしていく相手に追撃パンチ!©️Fury Fightingより

 5月23日(日本時間)米国テキサス州ヒューストンで開催された格闘技イベント『Fury FC 63』にて、柔術黒帯の元王者が強烈なミドルキックを脇腹に刺し、相手の元UFCファイターが苦悶の表情でゆっくりダウンしていくKO劇が起きた。
 勝利したのは、キャメロン・グレイブス(28=米国)。フェザー級マッチのマシオ・フレン(34=米国)との一戦だった。

【動画】強烈ミドルで悶絶KO!相手はゆっくりダウン

 グレイブスはブラジリアン柔術黒帯を持つ元FuryFCのフェザー級王者。プロキャリア9勝のうち6KOとKO率が高い。昨年5月に2度目の防衛に失敗し3連敗中と、復活を狙う。
 対するフレンは元UFCファイターで、中東団体のBRAVE CFやメキシコ団体のLuxでタイトルマッチを経験したことがある実力者。キャリア14勝で11フィニッシュ(6KO・5一本)と高い決定力を持つ。

 試合は1R、強い圧力のグレイブスが前蹴りやワンツーを放ちながら前進。フレンはサークリングしながら、カーフキックや右ストレートでカウンターを狙う展開。
 フレンがノーモーションの右ストレートを放つと、それに合わせて、グレイブスが脇腹に突き刺すような右ミドル!

 すると、フレンが苦悶の表情を浮かべ、金網まで下がる。グレイブスは一気に畳み掛けるようにパンチ連打。レフェリーが試合を止めた。

 わずか1分47秒でグレイブスがTKO勝利。勝利者コメントで「再び王者に返り咲く自信がある」と強く語った。

『Fury FC 63』
2022年5月23日(日本時間)米国テキサス州ヒューストン
▼フェザー級マッチ
●マシオ・フレン(米国)
TKO 1R1分47秒 左ミドル→パンチ連打
○キャメロン・グレイブス(米国)

【勝者 選手データ】(2022年5月23日現在)


キャメロン・グレイブス(
28歳・Alexander Sarnavskiy・米国)
階級:フェザー級
身長:180cm
戦績:10勝(7KO6敗(TAPOLOGY情報参照)

▶︎次ページは【動画】強烈ミドルで悶絶KO!相手は苦悶の表情でダウン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・ロッタンとも激闘した“ブラジル狂獣”ゴンサルベスが強烈左ボディー秒殺KO!相手はうずくまり戦意喪失=ONE

・【フォト】これが世界で最も人気のあるラウンドガールだ

・【UFC】テコンドー道場の女先生が顔面ヒジ連打でKO負け!3R激闘の流血姿に賞賛と同情の声

・RENAとも戦った美女戦士ヴァンザント、”61秒”KO負けで失神=米InvictaFC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧