TOP > 試合結果 一覧

王者ハンモーが流血ピンチから逆転KO!起死回生のオーバーハンドが炸裂=カナダUNIFIED

2022/06/01(水)UP

流血ピンチの王者が逆転KO!@UFCFightPassより

 5月28日(日本時間)カナダ・アルバータ州で開催された格闘技イベント『UNIFIED MMA 45』のフェザー級タイトルマッチにて、王者のマジェッド・ハンモー(32=カナダ)が挑戦者のニール・アンダーソン(35=カナダ)をKOで下し初防衛に成功。先にダウンを奪われた後、怒涛の連打で相手を倒す逆転KO劇だった。

【動画】王者のオーバーハンドから怒涛の連打でKO!

 ハンモーは昨年8月の同級王座決定戦をアンダーソンと争い、一本勝ちで王座戴冠。その3ヶ月後、同じカナダの別団体「Samourai MMA」のフェザー級王座決定戦に挑むもKO負け。同時2団体制覇とはならなかった。

流血ピンチの王者が逆転KO!@UFCFightPassより

 対するアンダーソンはハンモーに敗れた後、今年3月の再起戦で勝利。ハンモーとの前戦もリアネイキッドチョークを極められる前までは優位に試合を運んでいたこともあり、ハンモーの初防衛の相手に選ばれた。

 試合はスタンドのボクシング勝負で一進一退の攻防。4R中盤、横蹴りを放つハンモーに対し、アンダーソンの右カウンターがヒット!ハンモーはダウンし右耳付近から出血が見られる。

 窮地に陥ったハンモーだったが、流れがスタンド展開に転じると、右のオーバーハンドを炸裂!アンダーソンがグラつくと、追撃のパンチを7発叩き込む連打。アンダーソンがダウンすると、レフェリーが試合を止めた。

 見事に逆転のKO勝利で初防衛に成功したハンモー。勝利者インタビューで「KOを狙っていたので、それが上手くいって嬉しい」と喜んだ。

『UNIFIED MMA 45』
2022年5月28日(日本時間)カナダ・アルバータ州
▼UNIFIEDフェザー級タイトルマッチ
○マジェッド・ハンモー(カナダ)
KO 4R3分8秒 ※パウンド連打
●ニール・アンダーソン(カナダ)

【勝者 選手データ】(2022年6月1日現在)


マジェッド・ハンモー(32歳・Maged Hammo ・カナダ)
階級:フェザー級
身長:175cm
戦績:11勝(5KO2一本)61分(TAPOLOGY情報参照)

▶︎次ページは【動画】王者のオーバーハンドから怒涛の連打でKO!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・”怪力世界一”が豪腕アッパーでKO勝利!相手は大の字で失神ダウン=ポーランドKSW

・【フォト】元UFC美女が自身のセクシーショットベスト9を発表

・蹴った足が”くの字”に骨折!開始わずか20秒で王者を襲った悲劇=豪ETERNAL

・ヘビー級タイトル戦はわずか37秒の秒殺KO劇!120kg巨漢王者の豪腕パンチに挑戦者は何もできず=カナダUNIFIED MMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧