TOP > 試合結果 一覧

【ONE】和田竜光、元王者アクメトフの連続タックルに一歩及ばず

2022/06/03(金)UP

アクメトフのタックルを貰う和田©️ONE

ONE Championship
『ONE 158: Tawachai vs. Larsen』
2022年6月3日(日本時間)シンガポール・インドアスタジアム
▼MMAフライ級マッチ
○カイラット・アクメトフ(カザフスタン)
判定3-0
●和田竜光(日本)

和田の右ボディがアクメトフを苦しめた©️ONE

 和田はDEEPフライ級王座を2度獲得。打撃・寝技・レスリング全てにおいて優れたオールラウンダーで、国内軽量級でトップクラスの実力を誇る。今年1月にワン・シュオに勝利するなど、2連勝と波に乗っている。

 対するアクメトフは元ONEフライ級世界王者で現在ランク2位の実力者。卓越したレスリング技術に定評があり、昨年12月にフィリピン強豪ダニー・キンガッドを破るなど、現在4連勝中だ。

テイクダウンするアクメトフ

 1R序盤、ジャブを中心にお互い相手の動きを探り合う両者。残り1分、和田が金網を背にすると、アクメトフが組みつきテイクダウン。和田はすぐに立ち上がるも、アクメトフに背後を取られ、再びテイクダウンを奪われる。

 2R、アクメトフの左右の強打を被弾し和田は下がる場面もあったが、和田も踏み込んだ右ボディを連発。アクメトフが効いたか苦しい表情を見せる。

勝利に歓喜するアクメトフ、肩を落とす和田

 3R、和田のワンツーに合わせて、アクメトフがタックルしテイクダン。バックを取るが、和田は背中に乗ろうとしたアクメトフを振り落とし、ピンチを逃れる。タックルを織り混ぜながら手数を増やすアクメトフに対し、和田は精度の高い打撃を当て対抗。
 残り25秒、アクメトフがテイクダウンに成功し、ガードの上からパウンドを落とし続け終了。

 手数の多さと試合のコントロールが光ったアクメトフが判定3-0で勝利。この試合で勝利すれば、ランキング入り確実だった和田だが、あと一歩及ばずだった。

▶︎次ページは【動画】元王者アクメトフが和田をマットに叩き付けるテイクダウン!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【ONE】和田竜光が元ONE世界王者アクメトフと激突!「今までの分を全部ひっくり返す」と意気込み=6.3

・【ONE】元DEEP王者・和田竜光、元王者アクメトフとの対戦に「ぶつかり合って、ぶん殴ってやる」=6.3

・マットに叩きつけられヒジが“逆方向”に曲がる戦慄、激痛に悲鳴ストップ!=ポーランドKSW

・”怪力世界一”が豪腕アッパーでKO勝利!相手は大の字で失神ダウン=ポーランドKSW

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧