TOP > 試合結果 一覧

【UFC】“マウスピース吹き飛ぶ”豪打炸裂!2m長身“空手家”ボルコフが復活のKO勝利

2022/06/05(日)UP

再起戦で初回KO勝利を飾ったボルコフ©️UFC

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス56』
2022年6月5日(日本時間)米国ネバダ州ラスベガス UFC APEX
▼ヘビー級
○アレクサンドル・ボルコフ(ロシア)
KO 1R2分12秒 ※パンチ連打
●ジャルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)

懐に入りパンチを繰り出すホーゼンストライク©️UFC

 ボルコフはM-1 Globalとベラトールのヘビー級王座を獲得した空手ベースの豪腕ストライカーで、2mを超える長身から繰り出す破壊力のある打撃が武器。過去にファブリシオ・ヴェウドゥムやアリスター・オーフレイムら強豪からKO勝利を飾る活躍。しかし、今年3月の前戦でトム・アスピナルに初回一本負けし、今回が再起戦となる。

 対するホーゼンストライクはプロキック85戦76勝(64KO)の豪腕ストライカー。18年にRIZINでアンドレイ・コヴァレフに勝利。19年にUFCデビューしジュニオール・ドス・サントスら強豪勢をKOで下したが、前戦となる昨年9月にカーティス・ブレイズに判定負けした。

ホーゼンストライクが崩れ落ちる瞬間©️UFC

 1R、長身のボルコフがプレッシャーをかけながら、前蹴り、ジャブ、ローで先制。守りに集中するホーゼンストライクだが、飛び込んで左フックとその後の連打で押し返す。距離が縮まった両者。ホーゼンストライクが金網を背にすると、ボルコフがノーモーションの右ストレート!

 ホーゼンストライクが大きく崩れると、ボルコフの連打が爆発し、ホーゼンストライクは片膝をついて両手で顔を覆うので精一杯の様子。反撃できない姿のホーゼンストライクを見て、レフェリーが試合を止めた。

 ボルコフが連打した際、ホーゼンストライクの口からマウスピースが吹き飛ぶ場面があった。
 鮮烈な初回KO勝利で再起戦を飾ったボルコフ。勝利者コメントでは「再起戦で勝利できて嬉しい。この流れを続けたいから、誰でもいいからすぐ試合がしたい」と、意欲を見せた。

▶︎次ページは【動画】空手家ボルコフの“マウスピースが吹き飛ぶ”豪腕パンチが炸裂!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【UFC】ヘビー級2m長身ボルコフがRIZIN参戦のホーゼンストライクを見下ろす=前日計量

・【関連動画】120kg巨漢が放つ“死角バックスピンキック”衝撃KO!=UFC

・2メートル巨漢の世界王者候補がまさかのKO負け!強烈ボディショットで悶絶ダウン=ONE

・マットに叩きつけられヒジが“逆方向”に曲がる戦慄、激痛に悲鳴ストップ!=ポーランドKSW

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧