TOP > 試合結果 一覧

顔面ヒザ蹴り炸裂の壮絶KO!無敗新人がアマMMA世界王者に逆転勝利=米LFA

2022/06/08(水)UP

顔面ヒザ蹴り炸裂の壮絶KO!@lfafightingより

 6月4日(日本時間)米国コロラド州デンバーで開催された総合格闘技イベント『LFA 133』のウェルター級マッチにて、無敗の新人トレイ・ウォータース(27=米国)が、強烈なヒザ蹴りでアマチュアルールのMMA世界王者から逆転のKO勝利を飾った。

【動画】顔面ヒザ蹴り炸裂のKO!相手は壮絶ダウン

 ウォータースはウェルター級では高い193cmの長身ファイター。20年3月にプロデビューし5戦全勝中。4フィニッシュ(1KO・3一本)と決定率も高く、期待の新人だ。

 対するベンジャミン・ベネット(27=米国)は2017年のアマチュアルールで実施されるIMMAF(国際総合格闘技連盟)世界選手権ウェルター級の優勝者。こちらもプロデビュー3戦全勝と負けがない。

 試合はウォータースが長いリーチでジャブやワンツーを当てるのに対し、アマ世界王者のベネットが組みつきながら、パンチやヒザでコツコツと削り、優位に試合を運ぶ。

 消耗戦の中で迎えた3R、ウォータースを金網に押し込み続けるベネット。レフェリーが膠着状態と判断し、二人を分けて再開した刹那、左フックで前進したベネットの顔面に、ウォータースのヒザ蹴りが炸裂!

 突き上げる右ヒザでアゴを撃ち抜かれたベネットは崩れる様にダウン。レフェリーがすぐに試合をストップ。それまでの膠着状態でブーイングが聞かれた会場が、一気に大歓声に包まれた。

 衝撃のKO勝利を飾ったウォータースは勝利者コメントで「あまり作戦を立てないので、狙ったフィニッシュではなかったが、いつも練習している動きがでた」と喜んだ。

『LFA 133』
2022年6月4日(日本時間)米国コロラド州デンバー
▼ウェルター級マッチ
●ベンジャミン・ベネット(米国)
KO 3R4分37秒 ※ヒザ蹴り
○トレイ・ウォータース(米国)

【勝者 選手データ】(2022年6月8日現在)


トレイ・ウォータース(27歳・Trey Waters・米国)
身長193cm、階級:ウェルター
戦績:6勝(2KO・3一本)無敗(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページは【動画】顔面ヒザ蹴り炸裂のKO!相手は壮絶ダウン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・2メートル巨漢の世界王者候補がまさかのKO負け!強烈ボディショットで悶絶ダウン=ONE

・【フォト&動画】青汁王子vs会津の喧嘩屋の激闘

・【素手ボクシング】最強のモヒカン戦士”が豪快KO!どデカイ”モヒカン”で身長2m超え

・衝撃の顔面ヒザ蹴りKO!サボリがライト級王者に=メキシコUWC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧