TOP > 試合結果 一覧

【ROAD TO UFC】”19歳新鋭”内田タケル、未来開く初回一本勝ち!「初めての海外試合で緊張した」と興奮

2022/06/10(金)UP

19歳・内田が鮮烈一本勝ち!©️UFC

WME-IMG
『ROAD TO UFC』
2022年6月9日(日本時間)シンガポール・インドア・スタジアム
▼フライ級
●ショーン・エチェル(オーストラリア)
一本 1R3分26秒 ※リアネイキッドチョーク
〇内田タケル (日本)

 内田は19歳で現在修斗で4連勝、5勝の全てを一本で極めている。戦績は5勝1敗。対するエチェルは7勝2敗の戦績を持つオーストラリアのファイター。

 1R、内田は開始すぐにタックルを仕掛け、エチェルを金網に押し込む。しかしエチェルはバックを取りに来た内田を潰して上を取る。立ち上がらんとする内田の背後にエチェルが回ってくるが、内田はそれを許さず逆にサイドバックにつく。エチェルも対応して内田の背後に回るが、内田はさらに先回りして背後につき、素早くチョークを作りタップを奪って勝利した。

 内田は勝利者コメントで「初めて海外に来て試合をして緊張したんですけど、一本で勝てて反省するところがあるんですけどよかったです。こんなデカい会場で戦うのも初めてで、勝てて気持ちよかったです。トーナメント出れなかったんですけど、まだチャンスあると思ってるので9月、12月準備して待ってます」と喜んだ。

▶︎次ページは【動画】内田が一本勝ちした瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】6.9-10『ROAD TO UFC』中村倫也、松嶋こよみ、宇佐美正パトリックら参戦=生中継・配信情報

・『ROAD TO UFC』トーナメント1回戦が決定!松嶋こよみら日本人8選手は初戦突破となるか=6.9-10

・朝倉未来が19歳の”喧嘩ファイト”流血の豪快KOを公開

・[その日の試合]松嶋こよみが“コリアンゾンビの弟子”に接戦勝利!悲願のUFC契約に向けて準決勝進出

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧