TOP > 試合結果 一覧

“キック&MMAの二刀流”ファイターが戦慄の秒殺KO!同門のUFC王者のアデサンヤも歓喜=UFC

2022/06/26(日)UP

“キック&MMAの二刀流”アルバーグが戦慄の秒殺KO!(UFC JAPAN公式YouTubeより)

 6月26日(日本時間)米国ネバダ州ラスベガスで開催された総合格闘技イベント『UFCファイトナイト・ラスベガス57』のライトヘビー級マッチにて、MMAとキックの二刀流ファイターのカーロス・アルバーグ(31=ニュージーランド)が右フックの連打でテフォン・チュクウィ(27=カメルーン)に秒殺KO勝利を飾った。

【動画】戦慄の秒殺KO!怒涛のフィニッシュに相手はなす術なし

 アルバーグはUFCミドル級世界王者イズラエル・アデサンヤの同門でシティキックボクシング所属。キックボクシングとMMAの二刀流ファイターで、キックボクシングでは19勝2敗(12KO)の戦績を持つ。MMAは現在4勝1敗の戦績で、今回がUFC3戦目となる。

 対するチュクウィはキックボクシングベースで20年にUFCに参戦し、そこから2勝2敗。今年3月の前戦ではアザマト・ムルザカノフにMMAキャリア初のKO負け。今回が再起戦となる。

 試合は1R、ジワジワと強い圧力のチュクウィに対し、アルバーグは前手を伸ばしながら牽制。
 チュクウィとの距離が狭まると、アルバーグが左フック!直撃したチュクウィが後方にぐらつくと、アルバーグがパンチラッシュ!片膝をついたチュクウィに右フックを連打し、トドメを刺した。

 アルバーグが1R1分15秒と75秒の秒殺KO劇。応援に来場したアデサンヤも大きく喜んだ。

『UFCファイトナイト・ラスベガス57』
2022年6月26日(日本時間)米国ネバダ州ラスベガス
▼ライトヘビー級マッチ
○カーロス・アルバーグ(31=ニュージーランド)
KO 1R1分15秒 ※右フック連打
●テフォン・チュクウィ(カメルーン)

【勝者 選手データ】(2022年6月26日現在)


カーロス・アルバーグ(31歳・Carlos Ulberg・ニュージーランド)
階級:ライトヘビー
身長:193cm
戦績:5勝(3KO1敗(TAPOLOGY情報参照)

▶︎次ページは【動画】戦慄の秒殺KO!怒涛のフィニッシュに相手はなす術なし

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【UFC】クレベルにも勝利の元KSW2階級王者ガムロットが4連勝!ツァルキヤンとの激闘を制す

・【フォト】世界で大人気の”UFCラウンドガール”アリアニー、水着ショットも

・元UFCファイターが逆転KOで新王者に!壮絶な死闘となった王座戦に大歓声=英CW

・素手ボクシングの激闘KO映像集が公開、顔面流血マシンガン男の逆転KO、“ロープにもたれた状態”失神KOなど

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧