TOP > 試合結果 一覧

【Stand up】無敗の伊東龍也、若原兄を下して新人王決定戦へ

2022/07/30(土)UP

パンチでダウンを奪った伊東(左)が決勝進出を決めた

Stand up実行委員会
「Stand up vol.10 King of Rookie 2022 1回戦」
2022年7月24日(日)東京・ゴールドジムサウス東京ANNEX

 昨年、大いに盛り上がりを見せた新人王トーナメント「Stand up King of Rookie」を今大会より開催。7月24日と9月18日の二大会に分けて一回戦、10月23日と12月25日にそれぞれ決勝戦を行う。新人王になった選手は優先的にRISEランキング入り。他、ビッグマッチ出場のチャンスも得ることになる。

▼第4試合 King of Rookie 1回戦 55kg級 3分3R延長1R
〇伊東龍也(HAYATO GYM)
判定3-0 ※三者とも28-27
●若原聖(TEAM TEPPEN)
※伊東が決勝戦に進出

 Stand upアマチュアAクラストーナメント優勝の実績を持つ伊東はプロデビュー後、現在3戦3勝(2KO)と無敗記録を更新中。対する18歳の若原は第3試合に出場する16歳の若原快の兄で、戦績は5勝3勝2敗。これまでマスターズピットに所属していたが、TEAM TEPPENに移籍しての初戦となる。

 1R、お互いにローで探り合う中、若原は右ミドルで前に出て、右ハイでダウンを奪う。

 2R、若原はロー、ミドルを散らすのに対し、伊東は距離を詰めてパンチ勝負も若原は組み付いて連打を許さない。

 若原は右ミドルから組み付いて伊東のペースを乱すが、クリンチが多くレフェリーから注意が入る。伊東は連打を仕掛けたいものの、やはりすぐに若原に組まれてしまう。

 3Rも若原がクリンチを仕掛ける展開が多くなる中、伊東は組まれながらも左右フックを振り回して右フックでダウンを奪う。伊東は左ミドルから一揆に連打。やはり組み付きを多用する若原に、伊東はボディ連打からテンカオを突き刺してダウンを奪う。終了間際に伊東は胴回し回転蹴りを見せて試合終了。2度のダウンを奪った伊東が判定勝ちした。


判定勝ちした金塚(右)

▼第3試合 King of Rookie 1回戦 51.5kg級 3分3R延長1R
〇金塚聖矢(チームドラゴン)
判定3-0 ※30-29、29-28、30-29
●若原快(TEAM TEPPEN)
※金塚が決勝戦に進出

 金塚は2戦1勝1敗の戦績を持つ24歳。対する若原は2戦1勝1分とまだ勝ち星に恵まれておらず初白星を目指す。

 1R、お互いに様子を見合う中、若原は右ハイ、右ストレート。後手に回る金塚だが、若原をコーナーに詰めて連打を仕掛ける。終盤、若原は右ストレートを出すものの、お互いに慎重な出だし。

 2R、蹴りを散らす若原は右ロー、右ハイ。金塚はプレスを強めながら右ストレート。コーナーに若原を詰めて連打も見せて徐々に追い込む。

 3R、若原の蹴りを交わしながら詰める金塚は打ち合いへ。金塚の強打に、若原も打ち返して譲らない攻防を見せる。判定で金塚が勝利した。

▶︎次ページは仲川広汰vs細越竜之介、松下竜之助vs指田烈

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【Stand up】9階級で新人王トーナメント開催、優勝者はRIZIN、RISEビッグマッチへ

・【Stand up】「天心さんと同じ舞台に立ちたい」TEAM TEPPENの彪司が新人王に輝く

・【Stand up】TEAM TEPPENの彪司、松本天志ら新人王決定戦に勝ち進む

・【Stand up】大雅に健闘した基山幹太、小野幹晃の胴回し回転蹴りで敗れる

・【Stand up】無敗の19歳・小田尋久、正道会館全日本準優勝の青谷との激戦制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧