TOP > 試合結果 一覧

【Krush】王者・寧仁太、中野滉太をパンチで吹っ飛ばしKO防衛!稲垣澪は復活のヒザ蹴りKO勝利

2022/08/27(土)UP

この右でKO勝ちした寧仁太(右)初防衛に成功した。

Krush実行委員会
『Krush.140』

この右でダウンを奪う寧仁太

2022年8月27日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第9試合) Krushウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
◯寧仁太・アリ(王者/K-1ジム総本部チームペガサス) 
KO 2R 55秒 ※右ストレート
●中野滉太(挑戦者/POWER OF DREAM)
※王者・寧仁太が初防衛に成功

ローキックを蹴る中野

 寧仁太は、19年8月にプロデビューし4連勝。昨年9月K-1横浜アリーナ大会でのK-1ウェルター級王座決定トーナメントでは準決勝まで勝ち進むも、野杁正明の強烈なボディ攻めでマットに沈んだ。
 プロ初黒星からの再起戦で今年2月、松岡力の持つKrush王座に挑むと、延長戦に及ぶ大激闘の末に王座を勝ち取った。今回が初防衛戦となる。

 対する中野はスーパー・ライト級(-65kg)で戦ってきたが、2月のK-1でウェルター級に上げると、元Krushウェルター級王者の山際和希を延長戦の末に撃破。この実績を買われて、階級転向2戦目で早くもタイトルマッチの挑戦権を獲得した。

強烈な右ストレート

 1R、長身の寧仁太が、中野の右ローに合わせて伸びる右ストレート。このパンチで中野が後方に倒れてダウンを喫する。ダメージはそれほどない様子の中野は、左右のボディフックを強打する。寧仁太は遠い距離からのヒザ蹴り、中野は右ローをリターン。

 2R、まずは左右ローの蹴り合い。寧仁太が右ストレートを伸ばすと、中野が強引に距離を詰めて、左右のフックで勝負に出る。

寧仁太(右)がKO勝ち

 すると、寧仁太が中野の前進にヒザ蹴りから真っ直ぐの右ストレートをヒット。この攻撃によろけた中野。追い詰める寧仁太はフックで追い討ち。そして、強烈なストレートが顔面にクリーンヒットし、中野が吹っ飛んで衝撃ダウン。

 中野はヒザをついて立ち上がろうとするが続行不可能に。寧仁太が圧巻KO勝ちでメインを締めた。

ベルトを防衛した寧仁太

 寧仁太はマイクを持つと「今日はたくさんの応援本当にありがとうございます。チャンピオンになってプレッシャーもあったんですけどKOでメインを締められてよかったです。Krushも好きなんですけどK-1も大好きで、次戦があったらK-1っていう鳥肌の立つ舞台でまた試合をしたいので、また応援よろしくお願いします」と語った。


稲垣(右)が強烈なアッパーでアゴを突き上げる

ダウンを奪う稲垣

▼セミファイナル(第8試合) Krushフェザー級/3分3R・延長1R
●岡嶋形徒(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) 
KO 2R 2分20秒 ※パンチ連打→ヒザ蹴り
◯稲垣澪(K-1ジム大宮チームレオン)

 岡嶋は名門KKREST所属で、20年9月まで5戦5勝無敗のパーフェクトレコードを誇っていたが、20年11月に初黒星。21年6月には当時のKrush王者・新美貴士に挑んだが、初回KO負け。今年4月の復帰戦では、國枝悠太に負傷判定勝ちを収めている。

ローキックを蹴る岡嶋

 対する稲垣は20年にプロデビューすると、鋭いパンチのスキルと強烈なヒザ蹴りを武器に、21年には第4代Bigbangフェザー級王者を戴冠。今年5月に寺田匠との無敗対決で敗れて初黒星。今回が再起戦となる。

 1R、両者ともオーソドックスで右ロー、カーフキック、前蹴り、ミドルと技の交換。岡嶋が左右フックから右ロー。終盤、稲垣がボディ打ちを数発強打。ブロッキングの岡嶋は右フックを放つ。

豪快なボディをクリーンヒットさせる稲垣

 2R、カーフキックの蹴り合い。くっ付いた状態から離れ際に稲垣がフックをヒット。岡嶋が飛びヒザ蹴りで奇襲し、ワンツーを見舞う。すると、リング中央で稲垣が右の強烈なカウンターフックでダウンを奪う。

 立ち上がった岡嶋だが、ダメージは大きい様子。一気に距離を詰める稲垣は、右アッパーで岡嶋のアゴを突き上げる。そして、強烈な左右のボディブロー、ヒザ蹴り。ダメージ岡嶋を見たレフェリーが試合をストップした。前戦で初黒星を喫した稲垣が、圧巻のKO勝ちを収めた。

▶︎次ページは、MOMOTARO vs. 提髪和希、郷州征宜引退セレモニー

●編集部オススメ

・【Krush】初防衛に挑む寧仁太・アリに、挑戦者の中野滉太「何が当たっても倒せるような技を作った」王座奪取に自信

・【Krush】寧仁太・アリが“過去一の仕上がり”で初Vへ、中野滉太は本日ゴングの武居由樹に「絶対勝ってくれる」

・【テレビ】那須川天心が菅田将暉と運試しバトル『10万円でできるかな』=8.29よる

・アゴを打ち抜く豪腕フックで失神KO!モタがフライ級新王者に=LFA

・まさかの“パイルドライバー”!?反則スレスレの危険技で衝撃の秒殺TKOに=DWCS

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧