TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】エース海人が再延長で流血の辛勝、ムエタイ王者のヒジ攻撃に苦戦

2022/09/17(土)UP

笠原をKOし、喜びを爆発させる常陸

▼第7試合 60.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●笠原友希(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)
KO 2R1分12秒 ※右フック
○常陸飛雄馬(TARGET SHIBUYA/RISEスーパーフェザー級2位)

笠原の飛び膝蹴り!

 笠原友希は20年7月には那須川天心に挑んで敗れるも、そこから再起し現在、破竹の7連勝中。今年6月の『THE MATCH 2022』でKrush王者の中島千博を相手に、ダウンを奪う判定快勝を飾った。

 対する常陸はテコンドーをバックボーンに持ち、2016・2017年全日本学生キックボクシング連盟フェザー級王者の実績を持つ。現在ブレイク中のYA-MANの同門・後輩で、殴り合いのスパーリングをしているという。こちらも7連勝中と勢いがある。

フィニッシュとなった右フック!

 前日の会見では両者ともにKO宣言をしており、常陸は「当たれば倒れる」、一方の笠原は「相手のパンチは自分には当たらない。2Rで倒す」と語った。

 1R、笠原がトレードマークとなった走り込んでの飛びヒザ蹴り!常陸に尻餅をつかせる。スピーディーな動きで、攻勢の笠原が優位かと思われたが、終盤、左カウンターで笠原がダウンを奪われる。

笠原が壮絶ダウン

 2R、先ほどのダウンでリズムが付いたか、常陸が前進。打ち合いの展開、常陸が強烈な右フックを炸裂!笠原が後方に大きくダウンすると、レフェリーがすぐに試合を止めた。

 

▶︎次ページは、村田聖明vsシンパヤック・YZDGYM、佐藤執斗vs山田虎矢太

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】海人が強靭ボディで計量パス!現役ムエタイ王者に「全部、自分が上を証明する」=9.17

・【シュートボクシング】3階級王者・笠原弘希、計量パスでマッスル!原口健飛と対戦チャンスを掴むか

・【テレビ・配信】9.17『シュートボクシング』海人・笠原弘希ら参戦、伏見和之 引退試合など生中継・放送・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧