TOP > 試合結果 一覧

【Stand up】石川泰希がダウンの奪い合いで新人王トーナメント決勝進出

2022/09/22(木)UP

石川泰希(左)が悠(右)から2度のダウンを奪い判定勝ち

Stand up実行委員会
『Stand up vol.11 – King of Rookie2022 1回戦 -』
2022年9月18日(日)東京・ゴールドジムサウス東京ANNEX

 若手育成を目的に寺戸伸近がゼネラルマネージャーを務めるキックボクシング交流大会『Stand up』。昨年、大いに盛り上がりを見せた新人王トーナメント『Stand up King of Rookie』を今年は7階級(-51.5kg、-55.5kg、-57.5kg、-60kg、-63kg、-65kg、-67.5kg)で実施。各階級の参加人数は4人で、7月24日と9月18日の二大会に分けて一回戦、10月23日と12月4日に決勝戦を行う。

 ルールは、ヒジなし・掴んでからの攻撃は1回の点はRISEルールと同じとなり、新人王になった選手は優先的にRISE本戦へシード。他、ビッグマッチ出場の優先権を得る。


▼第4試合 King of Rookie 1回戦 -67.5kg級契約 3分3R延長1R
〇石川泰希(Ten Clover Gym)
判定3‐0 ※三者とも28‐26
●悠(Team+1)

 2018年KAMINARIMON全日本クラス-70kg優勝、プロ戦績3戦1勝(1KO)1敗1分の石川と、今回がデビュー戦となるJAPAN CUP 2022 -70kg級王者の悠が対戦した。

 1R、序盤に悠が右ストレートでダウンを奪うと、打ち合いの中で石川が右フックを当ててダウンを奪い返して激闘の展開に。

 2R、石川は左ハイ、右フックを当て、悠も打ち合いに持ち込んで譲らない。3R、石川は右ローを効かせ、足の止まった悠に右フックを当ててダウンを奪う。最後まで前に出る悠に、石川は手数で応戦。2度のダウンを奪った石川が判定勝ちでトーナメントの駒を進めた。なお、石川は今大会のMVPを獲得。


細野(左)が大高(右)に判定勝ち

▼第3試合 King of Rookie 1回戦 -63kg級契約 3分3R延長1R
〇細野登弘(新潟誠道館)
判定3‐0 ※30‐29、30‐28、30‐27
●大高悠偉(Team +1)

 6戦2勝(2KO)4敗の細野と今回がプロデビュー戦の大高の一戦。1R、細野が右カーフキックからパンチ連打につないで追い込むが、大高は冷静に両腕ブロックからフックを返していく打たれ強さを見せた。

 2Rも手数で追い込む細野に対し、大高は防御しながらもフックを返していく。3Rも手数の落ちない細野が追い込む形となり、判定勝ち。

▶次ページは吉岡龍輝vs加藤圭太、鬼澤佑輔vs白鳥光希

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【Stand up】9階級で新人王トーナメント開催、優勝者はRIZIN、RISEビッグマッチへ

・【Stand up】「天心さんと同じ舞台に立ちたい」TEAM TEPPENの彪司が新人王に輝く

・【Stand up】TEAM TEPPENの彪司、松本天志ら新人王決定戦に勝ち進む

・【Stand up】大雅に健闘した基山幹太、小野幹晃の胴回し回転蹴りで敗れる

・【Stand up】無敗の19歳・小田尋久、正道会館全日本準優勝の青谷との激戦制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧