TOP > 試合結果 一覧

【Stand up】JFKO覇者・陽勇が若林澪生からダウンを奪って決勝戦進出

2022/09/22(木)UP

左ハイで若林(右)からダウンを奪った陽勇(左)

Stand up実行委員会
『Stand up vol.12 – King of Rookie2022 1回戦 -』
2022年9月18日(日)東京・ゴールドジムサウス東京ANNEX

 若手育成を目的に寺戸伸近がゼネラルマネージャーを務めるキックボクシング交流大会『Stand up』。昨年、大いに盛り上がりを見せた新人王トーナメント『Stand up King of Rookie』を今年は7階級(-51.5kg、-55.5kg、-57.5kg、-60kg、-63kg、-65kg、-67.5kg)で実施。各階級の参加人数は4人で、7月24日と9月18日の二大会に分けて一回戦、10月23日と12月4日に決勝戦を行う。

 ルールは、ヒジなし・掴んでからの攻撃は1回の点はRISEルールと同じとなり、新人王になった選手は優先的にRISE本戦へシード。他、ビッグマッチ出場の優先権を得る。


▼第4試合 King of Rookie 1回戦 -65kg級契約 3分3R延長1R
●若林澪生(チームオノリュウ)
判定0‐3 ※28‐30、27‐30、27‐30
〇陽勇(全真会館)

 Stand upアマチュアAクラス優勝でプロ2戦2勝の若林と、JFKO第7回(2022)全日本空手道選手権大会の軽中量級優勝の実績を持つ陽勇(本名:岩多陽勇)の一戦。陽勇は今回がプロデビュー戦となった。

 1R、サウスポー構えの左ストレートでプレッシャーをかける陽勇はバックスピンキックからの左ハイでダウンを奪う。若林はワンツー連打で右ミドルと反撃に出るが、勢いに乗る陽勇に押される。

 2R、左ストレート、左ミドル主体の陽勇が主導権を握り、若林は鼻血を出しながらも前に出る。3R、変わらず左ハイ、左ストレートでペースを握る陽勇に対し、若林は強引に詰めて右ミドル、右ハイと巻き返しを狙う。手数の減った陽勇だが、左ハイ、飛びヒザと最後まで攻めフルマークの判定勝ちを収めた。


杉山(左)に顔面前蹴りを見舞う塩川(右)

▼第3試合 King of Rookie 1回戦 -60kg級契約 3分3R延長1R
●杉山豪毅(TARGET SHIBUYA)
判定0‐3 ※27‐30、26‐30、26‐30
〇塩川琉斗(TOP STAR GYM)

 4戦2勝(1KO)2敗の杉山と3戦3敗の塩川の一戦。左ミドル主体の塩川に、杉山はワンツーで飛び込む。177㎝と長身の塩川はリーチのある攻撃を見せ左ストレートでダウンを奪取。立ち上がる杉山に、塩川は顔面前蹴り、テンカオで追い込む。

 2R、前に出続ける杉山に、塩川はテンカオ、前蹴り、左ミドルとテンポよく攻撃を当て主導権を握る。

 3Rも逆転狙いの杉山に。塩川はテンカオ、左ストレートと左ミドルと攻撃を当て譲らない。ダウンを取った塩川が判定勝ちで初勝利を収めた。

▶次ページは野口紘志vsヤン・マイケル、竹内龍馬vs大澤匡弘

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【Stand up】石川泰希がダウンの奪い合いで新人王トーナメント決勝進出

・【Stand up】9階級で新人王トーナメント開催、優勝者はRIZIN、RISEビッグマッチへ

・【Stand up】「天心さんと同じ舞台に立ちたい」TEAM TEPPENの彪司が新人王に輝く

・【Stand up】TEAM TEPPENの彪司、松本天志ら新人王決定戦に勝ち進む

・【Stand up】大雅に健闘した基山幹太、小野幹晃の胴回し回転蹴りで敗れる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧