TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】山浦俊一・波賀宙也が判定勝利、真美は佐藤”魔王”応紀を下し王座初防衛

2022/09/29(木)UP

山浦俊一が勝利

ニュージャパンキックボクシング連盟
『NJKF2022 3rd』

2022年9月25日(日)東京・後楽園ホール

▼トリプルメインイベントⅢ スーパーファイト 59kg契約 3分3R
〇山浦俊一(新興ムエタイジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)
判定2-0 ※29-29、30-29×2
●一仁 (真樹ジムAICHI/MA日本フェザー級王者) 


波賀宙也が勝利

▼トリプルメインイベントⅡ スーパーファイト スーパーバンタム級 3分3R
〇波賀宙也 (立川KBA/前IBFムエタイ世界ジュニアフェザー級王者) 
判定3-0 ※30-29、30-28、29-28
●片島聡志 (Kick Life/元WPMF世界スーパーフライ王者)


嵐がTKO勝利

▼トリプルメインイベントⅠ 55kg契約 3分3R
〇嵐 (KING gym/NJKFフライ級2位) 
TKO 2R 2分14秒
●コンバンノー・エスジム (タイ)


▼スーパーファイト フライ級 3分3R
●嵐(KING gym) NJKFフライ級2位
不戦勝
〇老沼隆斗(STRUGGLE/元REBELS-REDスーパーフライ級王者)
※老沼は51kgで計量クリア、嵐は計量2kgオーバー
※体重超過で試合中止となり、老沼の不戦勝

▶次ページは真美vs佐藤”魔王”応紀のタイトルマッチ、第7試合~オープニングファイトの試合結果

写真提供:NJKF

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【NJKF】久遠がメインで参戦もRINAに判定負け=7.3『DUEL.24』

・【NJKF】波賀宙也がムエタイ地獄にはまり王座陥落、ペットングが新王者に=6.5

・”花束投げ捨て”奥野氏の釈明に皇治が嘆く「エンタメ本気にしたか」「年末はごぼうと対戦やな」

・前田日明「オープンフィンガーグローブなら朝倉未来が効かせていた」=メイウェザー戦

・【超RIZIN】朝倉未来、記憶が飛んだことを告白「地面がゆがんでいて、立てなかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧