TOP > 試合結果 一覧

【RISE】”子だくさん”44歳社長が豪快KO勝利!元”年俸120円”Jリーガー安彦考真に宣戦布告

2022/10/04(火)UP

KO勝利した西田

今大会に出場した選手たち

 9月25日(日)東京・新宿FACEにて、40歳以上の選手限定アマチュア大会「RISE VOA」第2回大会が開催され、セミとメインでは豪快なKO決着で大会を締めくくった。

▼第11試合  メインイベント -70kg契約 1分30秒2R
●江崎鎮福(グラティネス・会社役員・40歳)
KO 1R 1分03秒 ※2ノックダウン
○西田 祥(TARGET SHIBUYA・会社経営・44歳)

【動画】西田が右フックで豪快KOする瞬間

 メインイベントは会社役員の40歳・江崎鎮福と、会社経営の44歳・西田 祥が対戦。

右フックを当てた西田(右)

 江崎は大和哲也直伝の強烈なストレートを武器に持ち、前回大会ではダウンを奪う勝利。
 対する西田は前戦を怪我を押して強行出場するもKO負け、今回こそはと再起に挑んだ。

 1R、序盤から西田が猛攻をしかけ江崎からコーナー付近の右フックで早くもダウンを奪う。再開後も、西田が積極的に攻撃を続ける、江崎もジャブなどで自分の距離を掴もうとするが、西田の大きな右フックがクリーンヒット!江崎はばったり仰向けにダウン。西田が豪快KO勝利を収めた。

崩れ落ちる江崎

 勝利後、西田は家族や仲間への感謝を述べた後「おやじになっても挑戦していることがすごく意味あるな、特に俺子供多いから、見せる背中として。だから俺頑張る」とコメント。そして「挑戦を辞めていない120円の元サッカー選手安彦君もね、挑戦してるというから、彼もぶっ飛ばしたいなと思います」と、安彦考真への宣戦布告した。

 安彦は39歳で年収1000万あったという仕事を辞め、幼い頃からの夢であったプロサッカー選手へ転身した異色すぎる経歴の持ち主。40歳でJリーグ史上最年長デビューを果たし、「年俸120円」でJ3リーグY.S.C.C.横浜などでJリーガーとして活動。2020年12月に引退し、小比類巻道場に入門。同ジム主催のエグゼクティブファイトに昨年4月から『EXECUTIVE FIGHT 武士道 無限〜2021』にアマチュアキックボクシングルールで参戦。今年2月には『RISE FIGHT CLUB』でプロデュー。元プロ野球 埼玉西武ライオンズの投手の相内誠とオープンフィンガーグローブマッチで対戦し1R 1分51秒、KOで勝利している。

 果たして西田と安彦の対戦は実現するのか、子供たちにも同年代にも勇気と希望を与えていく挑戦をつづける大人の男たちの熱い戦いは、今後も盛り上がりを見せていきそうだ。

▶次ページは【動画】西田が右フックで豪快KOする瞬間

●編集部オススメ

・元”年俸120円”Jリーガー安彦考真がKO勝ちでRIZINに絶叫ラブコール! 笹原広報「可能性ある、あとプラス何か」=EXECUTIVE FIGHT

・【キック】またもKO勝ち、元年俸120円Jリーガー・安彦考真が優勝へ大手「RIZIN目指し思いっきり暴れる」

・【RISE】元西武・相内にKO勝ちの”44歳”元Jリーガー安彦考真「RIZINに最後立ちたい」1日3時間、50本ダッシュの猛練習も

・【キック】元光GENJI、大沢樹生ドローもサークリングから強烈な左が光る

・元光GENJI 大沢樹生、キック自爆で全治1ヶ月の怪我、歩行困難も「また出たくなってきた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧