TOP > 試合結果 一覧

【KNOCK OUT】元SB王者・西岡蓮太、キック復帰の鈴木宙樹に完封勝利!中島弘貴がクンタップに敗北

2022/10/16(日)UP

SB王者・西岡(右)が復帰の鈴木(左)に完勝

株式会社 Def Fellow
『KNOCK OUT 2022 vol.6』
2022年10月16日(日)東京・後楽園ホール

鈴木のローキック

▼メインイベント KNOCK OUT-BLACK -64.0kg契約/3分3R・延長1R
●鈴木宙樹(クロスポイント吉祥寺)
判定0-3 ※28-30×2、29-30
◯西岡蓮太(龍生塾)

 鈴木は19年にREBELS60kg王座を戴冠し、キック13戦13勝(8KO)無敗のまま、昨年12月にボクシングへ転向。デビュー戦で勝利するも、キックへの思い断ちがたく、今回復帰を果たす。現KNOCK OUT-BLACK スーパーライト級王者・鈴木千裕の実兄だ。

西岡(右)が強打を見舞う

 対する西岡は18年にシュートボクシング日本ライト級王座を獲得。20年2月にはKNOCK OUT64kgトーナメントで優勝。続く10月のRISE DoAトーナメント準決勝では、原口健飛に判定負け。左手首の手術でブランクを作った後、今年4月にSB王座の防衛戦を行ったが、SB二階級王者の笠原弘希にKO負け。今回が再起戦となる。

 1R、両者ともオーソドックスでローキックの蹴り合い。随所でパンチが交錯する中、西岡はテンポ良くボディ、顔面へパンチを打ち分ける。鈴木はミドルを蹴りつつ、右フックを見舞う。まだ均衡状態だ。

西岡のボディ打ち

 2R、前に出る鈴木に、西岡がフックやストレートを合わせる。鈴木は左ロー、ハイキック。西岡は左ジャブからワンツー、フックと手数を出す。このラウンドは西岡がテクニックを見せた。

 3R、鈴木は三日月蹴り、ローを出すが、西岡がパンチの手数で上回る。鈴木の蹴りに西岡はフックを合わせて、ヒザ蹴りをボディへ。サウスポーへとスイッチする西岡はローで鈴木をこかせる。最後は西岡がコーナーに鈴木を詰めてパンチを放ち、終了のゴングが鳴った。

西岡が勝ち名乗りを受ける

 ジャッジは3者とも2R以降ペースを掴んだ西岡を支持。西岡が連敗を脱出した。

 西岡はマイクを持つと「メインでノックアウト決着できなくて申し訳ないです。初めて僕のことを見てくれた方に、僕もっといい試合できるので僕のことを応援してくれたらと思います。応援してくれる方、本当にありがとうございます。またKNOCKOUTとシュートボクシングの応援をよろしくお願いします」と語った。


クンタップ(右)が中島(左)を撃破

▼セミファイナル KNOCK OUT-BLACKスーパーウェルター級/3分3R・延長1R
●中島弘貴(LARA TOKYO)
判定0-2 ※29-29、29-30、28-29
◯クンタップ・チャロンチャイ(タイ/BTC GYM)

ボディ打ちを見舞う中島

 中島は46戦 30 勝(18KO)16 敗の戦績を持つベテラン。過去には第3代 Krush スーパー・ウェルター級王座戴冠、K-1 WORLD MAX 2010 日本トーナメント準優勝など数々の実績を残してきた。今年7月には漁鬼を延長RでKOしている。タイ人選手との試合がブアカーオに続いて今回が2度目だ。

 対するクンタップは公式戦への出場が2019年5月の『巌流島』で伊藤澄哉に3ラウンド一本勝ち以来、立ち技競技は2018年6月の『NJKF』でYETI達朗にKO負け以来となる。

クンタップの強打

 1R、圧をかけるのは中島。クンタップはスイッチしつつ左右のミドル、ローを蹴り込む。蹴りを受けた中島は、左ジャブから右のパンチ、ローキックやヒザ蹴りで前に出続ける。

 2R、クンタップがワンツーで前に出る。中島が右ローを蹴ると、クンタップは「蹴ってこい」とアピールする。中島のパンチに対して、クンタップは直様ミドルをリターン。中島も距離を詰めて右のボディ打ち。

クンタップが判定勝ち

 3R、中島の蹴りを交わしたクンタップは左ミドルを強打。偶発性のバッティングで中島が目尻から出血しドクターチェック。再開後、中島がロープにクンタップを詰めて左右のフック連打。クンタップは上手く組み付いてヒザ蹴りをボディへ。気迫を見せる中島の猛攻を組んで凌ぎ切った。

 ジャッジは2者がクンタップを支持。クンタップが中島を判定で撃破。クンタップは「来てくれて本当にありがとうございます。本当に嬉しかったです。また応援よろしくお願い致します。コップンカップ(タイ語でありがとうの意味)」と元気に語った。

▶︎次ページは、工藤“red”玲央 vs. ダイナマイト柿崎、新田宗一朗vs.カミシロ

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】“鈴木千裕の兄”宙樹、4kgアップの復帰戦へ「パワーを見せられる」西岡蓮太「倒してKO決着」=前日計量

・【KNOCK OUT】中島弘貴、ブアカーオ戦以来のタイ人戦へ「もちろんKOで終わらせます」=前日計量

・ぱんちゃん璃奈が所属ジム離脱「1から育ててくださった会長たちに感謝」

・36歳で急死のボディビルダー北村克哉さん、前日には減量中の筋トレ、無理しすぎ原因か36歳で急死のボディビルダー北村克哉さん、前日には減量中の筋トレ、無理しすぎ原因か

・【テレビ】武尊が『突然ですが占ってもいいですか?』に出演、自宅公開で家相が占われる!?=10.17深夜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧