TOP > 試合結果 一覧

ヘビー級の新鋭モンスター、怒涛のパウンド連打で米海兵隊を失神KO!年内UFC参戦なるか=米LFA

2023/01/17(火)UP

ヘビー級新鋭モンスター、怒涛のパウンド連打で米海兵隊を失神KO!@lfafightingより

 1月13日(日本時間14日)に米国ミネソタ州プライヤーレイクで開催された総合格闘技イベント『LFA 150』のヘビー級マッチにて、UFC参戦の期待が集まる新鋭トーマス・ピーターソン(27=米国)が、米海兵隊のリチャード・フォスター(38=米国)にパウンド連打で初回KO勝利を飾った。

【動画】ヘビー級モンスターがパウンド連打で衝撃KO!米海兵隊が失神KOに

 ピーターソンはカレッジ時代に全米優勝経験を持つ怪物レスラー。19年12月にMMAプロデビューすると5戦連続のKO勝利で、21年7月にLFAのヘビー級のベルトを獲得。初防衛戦はKO負けで失敗したものの、その後の再起戦でKO勝利を収めるなど、UFC参戦の期待が集まっている。

 対するフォスターは現役のアメリカ海兵隊員。柔術黒帯を持ち、LFA初参戦のベテランだ。米国内プロモーションでキャリア6勝4敗の戦績を持っている。

 試合は1R、トップレスラーのピーターソンが片足タックルからテイクダウン。柔術黒帯のフォスターを相手にマウントを奪うと、馬乗り状態から怒涛のパウンド連打!フォスターが失神すると、レフェリーが試合を止めた。

 1R3分48秒のKO劇に会場の観客は大歓声。7勝全てKO勝利のピーターソン。年内UFC行きが期待できそうだ。

LFA 150』
2023年1月13日(日本時間14日)米国ミネソタ州プライヤーレイク
▼ヘビー級マッチ
○トーマス・ピーターソン(米国)
KO 1R3分48秒 ※パウンド連打
●リチャード・フォスター(米国)

【勝者 選手データ】(2023年1月17日現在)


トーマス・ピーターセン(
27歳・Thomas Petersen・米国)
階級:ヘビー級
戦績:7(7KO)1敗(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページは【動画】ヘビー級モンスターがパウンド連打で衝撃KO!米海兵隊が失神KOに

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・世界王者の足関節でヒザ足首が別角度にグニャリ!壮絶シーンに解説が悲鳴「足が壊れる」=ONE

・倒した本人が「何が起きたんだ」と驚き!ネット拡散された失神KO映像に「スロー再生で分かった」の声=UFC

・連勝の王者がまさかの轟沈!戦慄の一撃に会場は悲鳴と歓声「こんなKO見たことない」の声も=ONE

・【BreakingDown】”母親を通報した”衝撃告白のオーディション参加者、朝倉未来が「スゴイ才能、蹴りはK-1王者レベル」と驚愕!その壮絶な経歴とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧